2019年12月08日

19・冬タイヤ交換

軽いスパイクタイヤだと滑る感じだから本格的なスパイクタイヤに替える事にします。

画像628.jpg
去年より転ばれないにもかかわらず、オットトばかりしてました。

画像630.jpg
帰宅後、早速替えます。

画像631.jpg
今回は、ホイルの錆取りやらグリスアップをしたので作業時間は2時間です。

画像632.jpg
これでフキノトウの出る頃まで安全に走りましょう。
posted by 黒ウサギ at 18:45| 北海道 ☔| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

野山七輪

11月は、休日出勤ばかりだったが、30日は半ドンだった。

画像626.jpg
当然出かけますが、日中でもキャンプ地付近の水溜りの氷は融けてません。

画像627.jpg
時間があるから焚き火点火じゃなく、火お越しの下にアルストを置いて炭に火を点けます。

画像628.jpg
すぐに火が点きませんが爆跳しないから、これはこれでOK。

画像629.jpg
炭に火が点いたらホッケを焼きます。

画像630.jpg
ホッケを焼いてる遠くに焚き火を置いてるのは、山火事防止のためです。

画像631.jpg
なので、機関車風船割りゲームみたいに火の番をしますがね。

画像632.jpg
気を許すとホッケが発火するから要注意です。

画像633.jpg
ちなみに七輪で焼くホッケは美味ですよ。

画像634.jpg
お次は、ハツを焼きまして・・・

画像635.jpg
〆が手羽中と安いお肉ばかりですけど、美味しいです。

画像637.jpg
備長炭だから全く炭が減らず、火消し壺に入れて再利用します。

画像638.jpg
日が暮れて来たので帰りましょう。

本当はね、夜の帳が下りてもマッタリしたいのですが、まだプーさんが寝てませんので。
posted by 黒ウサギ at 18:06| 北海道 ☔| Comment(2) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

保留

先日、TWに乗ったらクラッチが滑り始めてた。

調整してみたが、やっぱり交換がベターと思われます。

PA150002.JPG
最近は、あまり出番のないTWだが、ここ一番じゃクロスカブの走破性なんぞもののかずではありません。

PA150003.JPG
直す事自体は問題ないが、お金もかかるし、冬は乗らないバイクだから気力もあまりありません。

春まで保留って事にしましょう。
posted by 黒ウサギ at 19:44| 北海道 ☔| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

クラッチの部品交換

外伝でも書きましたが、クロスカブのクラッチに少々不具合がありました。

この不具合というのが二つあって、一つはクラッチからの異音です。

エンジンの回転数に比例してコゥワァンコゥワァンて感じの音がします。

原因を調べてみると、数々の事例があるみたいで、クラッチダンパーラバーの摩耗らしい。

これ、故障じゃないが、趣味で乗るバイクだと地味に気になります。

そしてもう一つが、ギアをローに入れてアイドリング状態だと時々だがバック出来ない事がある。

普通は、発進側の遠心クラッチが戻ってニュートラ状態になるけど、クラッチを戻すスプリングが悪さをしてるみたい。

それでも一回ニュートラに入れて、またギアを入れれば直りますから、そんなに気にしてません。

でも一応部品を注文して、気が向いたら直そうと思ってた。

画像613.jpg
面倒だから、おそらく1年後ぐらいだと思ったら、いきなりスイッチが入りましたよ。

画像614.jpg
なにが面倒かというと、エンジンに辿り着くまで、レッグシールド・ステップ・エンジンガード・マフラーを外すのが面倒。

画像616.jpg
おそらく、作業時間の1/3がエンジンに辿り着くまでで、1/3が元に戻す時間でしょう。

画像617.jpg
まあ、クランクケースのガスケットが汚く剥がれたりしたら、それが一番時間を食うと思いますけどね。

画像619.jpg
キレイに剥がれたから再利用しましょ。

画像620.jpg
走行距離18000kmだから、フィルター汚れもこんな感じか?

画像622.jpg
おっ、三角形のオイルフィルターのガスケットも生きてるみたい。

画像623.jpg
ピンボケですが、三角形でグレーに見える部分は全部カス(スラッジ等)です。

画像624.jpg
遠心クラッチアウターの中に溝が入ってるけど、これは問題ないでしょう。

画像625.jpg
クラッチウエイトを外して・・・

画像626.jpg
ひっくり返してスプリングを外しますが、地味に時間がかかってしまった。

ブレーキドラムがバネ2つでしょ?それが3つだからユートピアのゴムパッチンみたいになるのが怖いんです。
画像627.jpg
上がクラッチウエイトで、下がドライブプレートです。

画像628.jpg
スプリングは分かりますね、真ん中の丸い物がダンパーラバーで、ドライブプレートの中に丸い穴の部分が入ります。

画像629.jpg
上3個が古い物で下3個が新品、画像では分かりませんが、かなりくたびれてましたから、走行距離2万弱にしては弱い部品かな?

画像630.jpg
こんな感じで交換して、翌日試走してみたら異音が解消されてました。バック出来ない現象は、まだ不明。
posted by 黒ウサギ at 18:59| 北海道 ☔| Comment(2) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

相変らず

久々に『御萩さん』に出てもらいましょう。

とはいえ、相変わらずですけどね。

もっとも、相変わらずっ事は、元気という事だから一番です。

画像609.jpg
写真を撮ろうとすれば逃げ回るのも変わらず。

画像610.jpg
撮れるのは、こうしてゴロンしてる時だけ。

画像611.jpg
体重も以前と変わらず5.3kgだから、やっぱりデブネコの部類でしょう。

画像613.jpg
日光浴のつもりなのか、お日様が出てると必ずここでゴロン。

画像612.jpg
体を触ると日の光で体温以上にポカポカしてるから、これからのシーズンはカイロ代わりになりそうです。
posted by 黒ウサギ at 15:58| 北海道 ☔| Comment(2) | 御萩さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

反射カッパ

鹿ドン事故の被害の一つにカッパがありました。

ガスの中を走ってたから、ジャケットが濡れるために着てたんです。

おかげでカッパはビリビリに破けたが、ジャケットの方はかすり傷だけで済んだから、また着る事が出来ます。

退院後、このカッパも応急修理というか、OPPテープをペタペタ貼って着ましたよ。

でも、梱包用のテープだから、曲げ強度がないので1か月もしたら破れてきました。

仕方ないから買う事にしたが、カッパって地味に高いので、よ〜く吟味して選んだ。

それで、考えに考えて買ったのが下記。

画像643.jpg
セーフティーレインスーツです。

いわゆる反射材だらけで、消防士さんが着てる防火服みたいなカッパです。

かれこれ5回は雨の中を着て走りましたが、おそらく光って目立ってると思います。

いいふりこきライダーは着られないでしょうが、安全には代えられませんのでね。

posted by 黒ウサギ at 23:13| 北海道 ☔| Comment(4) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

LEDテープライト

ここ数か月、バイクの鹿対策ばかりしてたが、一応一段落した。

そこで、兼ねてから考えてた、本来の対人間の事故対策をする事にしました。

一番が、夜間走行における視認性を良くする事です。

画像633.jpg
手始めがこれ、以前お話したLEDテープライトをテールに付ける事。

画像625.jpg
当初は、バイクから電源を取るつもりでしたが、フォグランプを2個も付けたからモバイルバッテリー仕様にします。

画像626.jpg
テープは防水で3Mの両面テープが付いているから車体に貼り付けて、バッテリーにつなぐだけと、至って簡単な作業です。

画像627.jpg
今回は、一番短い30cmの物を買いましたが、それでも長ければ短く切って使う事も可能だそうです。

画像628.jpg
モバイルバッテリーにつないで点灯してみると、丁度良い明るさでLEDの光が目に刺さらないから良い感じ。

画像629.jpg
全体が透明なシリコンゴム?に覆われてるから、間違いなく防水性は高いでしょう。

画像630.jpg
で、テープを付ける場所なんですが、これは一週間ぐらい考えて、リアボックスの上部、フタの下にしました。

画像631.jpg
テープだけだと取れる事もありそうだから、所々接着剤で留めて、ボックス内部に接着式ステップルでコードを留めて、バッテリーにつなげるようにします。

画像632.jpg
露出の関係で明るいですが、実際はこの1/3ぐらいの感じです。

これで、なんぼか?夜間の安全性向上の効果はあるでしょう。
posted by 黒ウサギ at 23:06| 北海道 ☔| Comment(6) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする