2009年06月03日

第六感

GPSを購入し、使い方も大分覚えてきた(使いこなしてはいませんよ)

まだ実戦配備してないが、今までは地図とコンパス、そして目と耳と鼻で場所や地形を感じ取っていました。

これって、いろんな意味で地味に時間がかかる作業でした。

それがGPSなら、な〜んも考えなくても道案内してくれます。

09621.jpg

去年、私が行った『小幌駅』、このルートや地形などを考えるだけでも数時間は必要でしたが、GPSなら目的地を入力すればあとは勝手に機械が教えてくれるんです。

これって・・・“勘”が無くなるような気がします。

たとえば山菜採りに行ったとしましょうか。

今まで、山菜の鉱脈を見つけたら、そばの地形や林道からのルート、そしてそばにある特徴(生えている木の種類とか形、特徴ある岩とかね)を覚えます。

ところがGPSがあればそんな事をしなくて良いんです。

今いるポイントをGPSにマークさせれば終了。

便利といえば便利だけど・・・何かが変な気がする。

第六感というか・・・野生の勘というか、そんなものを無くしてしまいそうな・・・

まあ、おじさんなので新しい物への抵抗感なのかもしれませんが・・・

いやいや、間違いなく機械にばかり頼れば“第六感”は退化しますね。




                             人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:29| ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする