2009年06月11日

おやしお

くま吉さんが潜水艦救難母艦と潜水艦を見てきたそうなので、私も見に行ってみました。

09611 1.jpg

09611 2.jpg

いたいた・・・救難母艦『ちよだ』そして『おやしお』型潜水艦です。

09611 3.jpg

まずは『ちよだ』から・・・

09611 4.jpg

船体中央部には潜水艦救難艇(DSRV)が搭載されています。

ちなみにDSRVの一度に救出できる定員は12名で、潜水艦の乗組員は約70名前後ですから、全員救出には時間がかかります。

今回、この二隻が来たのは・・・潜水艦救難訓練でもしてたのかな?

お次は本命の『おやしお』型潜水艦

09611 5.jpg

通常、港に接岸した場合は・・・ありました。

09611 93.jpg

やっぱり『おやしお』です。

この潜水艦から涙滴型船体から葉巻型船体に変わっているのが特徴。

とはいえ、『おやしお』の艦齢は10年ですし、海自の潜水艦は15年ですべて入れ替わりますから、今の海自の潜水艦は2/3が葉巻型です。

09611 6.jpg

海面下、船体下に4射線、その上に2射線の魚雷発射管があります。

09611 8.jpg

09611 9.jpg

セイルの真ん中にあるこれは警笛。

09611 91.jpg

ディーゼルエンジンの排気管。

今の潜水艦はディーゼルエンジンで動くというより、ディーゼルで電気を作り、その電力でモーターを動かして進みます。

09611 7.jpg

防音塗膜にヒビが入ってる・・・

09611 92.jpg

艦尾の管状の物はTASS(Towed Array Sonar System)、ここからマイクの集合体を1〜2Kmもあるワイヤーで引っ張って音を集め、目標物の音を捕らえたり探知する装置です。

09611 94.jpg

096121.jpg

しばらく乗組員の人とお話したけど、話した人が良かったのか礼儀正しい人ばかりでした。



                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 20:02| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする