2015年07月08日

怖い話ですから

今回の話と画像は、全く関係ありませんので・・・

画像012.jpg

TWで、とある野山に出かけた時の話。

画像013.jpg

気持ち良く林道を走ってた。

すると、いつものようにキツネさんやシカさんに見られてる感じがしたが、どうも違うようでした。

画像014.jpg

何となくだが、背筋が寒いというか、なんとも言えない感覚でした。

画像015.jpg

その、見られてるという感覚は、50mほど先みたいです。

画像016.jpg

嫌だから引き返そうかと迷ったが、どうにも戻りづらいから進んでみた。

画像017.jpg

怖かったけど、気のせいって事もあるから、それでも進んだ。

画像018.jpg

目の前のカーブの先が怪しかった。

画像019.jpg

そのカーブを抜けた先に何かあると思ったけど、何もありません。

画像020.jpg

が、気配を感じて脇汗が出てきたんです。

画像021.jpg

TWを停めて、辺りを見渡してみた。

画像022.jpg

やっぱり、なにもありま・・・・・・した。

画像023.jpg

林道の脇、草ボウボウでよく見えない所に、キラリと光る物があったんです。

画像024.jpg

その光る物から、得体の知れない気が出てるのが分かる。

画像025.jpg

好奇心が恐怖心に勝って、TWを下りて見てみました。

画像026.jpg

え〜っ なにこれ・・・

キラリと光る物は『かんざし』で・・・

本体は、☆☆☆☆だった。

かなり気持ち悪かった。

なんでこういう物を捨てるかなぁ〜

写真を撮ったけど、ヤバそうだからすぐに削除してしまいました。

なんだか知りたい方は、ここをクリックすれば類似品を数日間見られますが、いや、見ない方がイイかも?

夢に出てきても責任持ちませんので・・・
posted by 黒ウサギ at 00:21| 北海道 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする