2017年11月02日

焚き火缶

ゴミだというペール缶をもらったので焚き火缶を作ってみた。

画像168.jpg
通常の焚き火缶だと下に火口を作るか、胴体に穴を開けて空気が入り易くします。

画像167.jpg
私は、下から10cmぐらいの所に穴を開け、そこへ針金を数本通し、金網を敷いてロストルにしてみた。これだと長時間の燃焼でも、ロストル下の開口部から灰を出せるので、灰が詰まって火力が落ちませんからね。

画像166.jpg
早速、増水気味のいつもの場所で焚き火してみます。

画像169.jpg
焚き付けはこれ。

画像170.jpg
7・11で飲んだラテの紙容器の下に穴を開けて、中に紙と木の木端を入れたものです。

画像171.jpg
カップ容器にロウが塗られてるでしょうからメラメラ燃えるはずです。

画像172.jpg
マッチ一本で着火しました。

画像173.jpg
かなり貧乏臭いが、効率はかなり良い。

画像174.jpg
メラメラ燃え出したから薪を投入します。

画像175.jpg
予想通り、かなり暖かい。

画像177.jpg
しかも煙が殆ど出ません。ある意味、空気の通りが良すぎるかも知れません。

画像176.jpg
真冬でも暑いぐらいに暖を取れるとみた・・・けどね。

画像179.jpg
燃焼効率が良すぎます。

画像180.jpg
つまり、燃費が悪いという事でした。

画像178.jpg
ここで何度も焚き火をするわけだから、薪に限りがあるので、もう少し小ぶりな焚き火の方が良いと思いました。

画像181.jpg
ペール缶2個分ぐらいの薪を用意したが、1時間弱で全部燃えてしまいましたからね。

冬キャンプで使ったら、一晩で川原の流木が無くなるでしょう。

車で薪を持って来られるキャンプじゃないとダメだと学習しました。
posted by 黒ウサギ at 20:50| 北海道 ☔| Comment(6) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする