2017年11月12日

焚き火缶3

画像170.jpg
焚き火缶2で、焚き火缶の完成形が見えなかったので、また来ました。

画像171.jpg
朝の気温は3℃ですから、ガリッとまかなって来ないと妖怪ブルブルに憑りつかれます。

画像172.jpg
木々もすっかり葉を落とした。

画像173.jpg
今回は、ペール缶にフタをして煙突を付けてみます。

画像174.jpg
こうすれば燃焼効率も上がるだろうし、煙突から出る煙も少ないはずです。

画像175.jpg
ペール缶のフタに丁度良い物が無かったので、お菓子の缶をカシメてつないで作りました。

画像176.jpg
昨日は、またまた雨だったからペール缶の前に薪乾燥台も設置してみた。

画像177.jpg
薪が湿っててよく燃えず、イマイチです。

画像178.jpg
仕方ないから煙突とフタと撤去して、前回同様の燃焼をさせてみたが、これも薪が湿気っておりイマイチ。

画像179.jpg
ご覧の通り、水分がジュージュー出てます。

画像180.jpg
条件が同じだから火起こし器でもやってみます。

画像181.jpg
同じように火が点きづらいが・・・

画像182.jpg
煙突効果で空気(酸素)の通りが良く、すぐに燃焼を始めました。

画像183.jpg
熱量は少ないけど、折りたためるし燃費も良いから、今季冬キャンプで採用かな?
posted by 黒ウサギ at 19:59| 北海道 ☔| Comment(4) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする