2008年08月22日

TWのタイヤ交換

今日はTWの前輪のタイヤ交換をした。

いつもは自分で交換するのですが、ちょっと横着してバイク屋さん任せ。

朝にバイクを預け、仕事が終わってから引き取りに行くだけ。

今は殆どのライダーがこんな感じなのでしょう。

何となく変な気分です。

ただ乗るだけの道具としてなら良いのかも知れませんが、苦楽を共にしたTWだけに、自分でしないと気持ちが悪かったんです。自分ですればフレーキの減り具合やドラムの汚れ具合、ついでにブレーキワイヤーのグリスアップ等もできるし、バイクの状態もよく分かります。

08822.jpg

『自分で出来る事は自分でする』

これを横着したばかりに、気持ちが悪い?タイヤ交換になってしまいました。



                        
                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 18:30| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイヤはTW標準のものでしょうか?
かなりオフよりのパターンですよね。
先日、自分でタイヤ交換をして、初めてミシュラン、ピレリのタイヤのビートが国産タイヤよりも硬いということを知りました。それまでBSとDUNLOPしか穿いたことがなかったのです。
Posted by ジェベリストXC at 2008年08月22日 19:54
ジェベリストXCさんへ

このタイヤはTWがオフロード車と呼ばれた頃の純正タイヤでBS製TW-31といいます。
以前はK180というダンロップのタイヤでしたが、グリップがイマイチでしたね。
取り柄といえば耐久性で1万キロ走っても6分山です。
国産のタイヤはビードが柔らかいですよね。
ミシュランしか付けたことがありませんけど、あれは硬かったです。
Posted by 黒ウサギ at 2008年08月22日 20:07
私もバイクも車も、自分で出来ることは自分でする派です。
黒ウサギさんの仰るとおり、自分でやれば愛着もわきますし愛車の状態も把握出来るので、大切な事だと思います。
と…言ってはいますが…最近はどうしてもバイク屋任せになってしまっています。
時間がなくて。。(言い訳です)
Posted by ショウセイ at 2008年08月22日 22:05
タイヤ交換を自分でやってみて解ったことは、車載工具がほとんど役に立たないことでした。四輪車との決定的な違いです。アクスルシャフトのナットさえもはずせませんでした。S社だけなのかな?Y社・H社はどうでしょう?
Posted by ジェベリストXC at 2008年08月23日 07:51
ジェベルもフロントタイヤがだいぶなくなってきていて
何とか今年はこれで行こうと考えていた所でした。


>車載工具がほとんど役に立たないことでした

そうですよね。
自分も車載工具で使うものはプラグレンチだけですね。

あとはいつも積んでる一番下の緑色の箱が全部工具ですから。

まあ工具もかなり重いですが山の中で泣くのは嫌なんで
ついつい増えてしまいます。
Posted by R J at 2008年08月23日 08:19
ショウセイさんへ

私の場合、出来る事はすべて自分でやるのは、バイクのチェックも兼ねていますが、
一番はお金がかからないことでしょうね。

なにせ、限られたお小遣いでやりくりしているものでして、なるべく節約しないと、
ほかの事に(デジイチとか)お金が回らないんです。
Posted by 黒ウサギ at 2008年08月23日 16:50
ジェベリストXCさんへ

どこのメーカーも車載工具では整備できませんね。
本当に無いよりはマシって感じです。

私は常にパンクの修理道具を持って走っていますが、
これとて野山では、我が家の庭先で直すようにはいきません。
やっぱりパンクしないように走る(願う)だけですね。
Posted by 黒ウサギ at 2008年08月23日 16:56
R Jさんへ

あの後ろのボックスすべてが工具だったんですか。
それならかなり重整備もできそうですね。
近場の野山を走ると、何も工具を持たず(パンク修理道具)走っているオフロードバイクをよく見かけます。パンクしたら、そのまま乗って走るんだろうな〜ってよく思っていますね。
Posted by 黒ウサギ at 2008年08月23日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105162023

この記事へのトラックバック