2009年02月03日

スッポンカッポン

今日は函館以外の方には分からないローカルな話題です。

函館市を流れる亀田川、その五稜郭近くにある、白鳥橋と五稜郭橋の間に『スッポンカッポン』というヘンテコリンな名前の場所がありました。昭和30年代以前を生きた方なら知っているはずで、現在、『スッポンカッポン』を見た事のある人は初老?以上の方でしょう。

09231.jpg

当時、亀田川はこの付近で大きく蛇行していたそうで、その蛇行した中心部に堰(せき)が設けられており、ここから防火用の水道を市内に引いていたそうです。

私も『スッポンカッポン』を見た事のない人間です。

それでも興味津々で、その名前の由来を知りたかったんです。十数年前に近所の古老に云われを聞いた際、堰(せき)の開閉時にスッポンカッポンと音がするので名付けられたと知りました。

ところが最近、箱館戦争関係の書籍を読んでいたら、他の説が出てきました。この堰を建設する工事は大正初期に始まって、川の流れがせき止められて深くなり水死者が多かったそうです。そのため、水死者が浮かんでくる様子を表現して『スッポンカッポン』と呼んでいたという説です。

ちょっと怖い云われなので、どちらかと言うと前者の説の方が良いかも知れません。

今は無い『スッポンカッポン』、これからも名前だけは残しておきたいものです。




                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 17:17| ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 懐かしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
すっかり冬に逆戻りですね。

スッポンカッポン…初めて聞きました。
一見ユニークな表現ですが、深い意味をもったものなのでしょうね。
Posted by ヒューマ at 2009年02月04日 00:22
私も初めて聞きました。
前者の説なら「てきとーだな〜」って笑えますが、後者の説が本当だとすると…「そんな名前つけるな!」って感じですね。
でも知らないだけで、そうゆう場所って沢山あるんでしょうね。きっと…
Posted by ショウセイ at 2009年02月04日 02:41
スッポンカッポン ですか

確か 道新発行の1980年代の 
丁度 厚さが5センチ位の函館史に
載っていた 記憶が・・・・
ウロ覚えですが、人が落ちた時の 
音が スッポンカッポン と 書いて気が・・・


Posted by yu at 2009年02月04日 05:02
『スッポンカッポン』本当に変わった地名ですねェ。

黒ウサギさん、『郷土史家』みたいです。

実は、わたしも、市内の古墳に興味があった事がありまして、もうウン十年も前なんですけど、“垂水”と“朝霧”の間にある大きな古墳について調べた事があります。

この古墳、前方後円墳なんですけど“葺石古墳”といって、古墳全体が握りこぶし大の石で覆われています。わたしが中学生の頃は、崩れた状態でそんな石が葺かれた古墳だとは想像も付かないような状態でしたが、後年、修復・整備されて、今は昔の姿に近い形に整備されています。

この古墳、『五色塚』って呼ばれているのですけど、なんで『五色塚』なのかって思った訳です。
で、一説によれば、昔、この辺りに“五色人”という人達が住んで居たと言う説(かなりオカルトっぽくて、当時のわたしの興味を引きました^^;)
があって、調べ始めたのですけど、色々と当っている内に、役所の広報課で、
「それなら、津名郡五色町に郷土史家の先生がいらっしゃるので、お伺いしてみれば?」
と言われ、今度は五色町に電話して聞いてみると、親切に、その先生のお宅の電話番号まで教えて下さいました。
で、恐る恐る電話してみると、その郷土史家の先生は、非常に親切に教えて下さいました。

先生によれば、『五色塚』の名の由来には諸説あって、確定していないとの事でした。で、大きくは二つの説があって、

@『五色塚』の葺き石は、淡路の『五色浜』の石を運んで葺いたから説

A『五色塚』の形が『こしき』(昔の、ご飯をたく器具)をひっくり返した形ににているため、『こしき塚』がなまって『五色塚』になった説

と言う事で、『五色人』説は出て来ませんでした^^;

でも、わたしが『五色人』説にひっかかりを感じたのは、実は、世界中で、東西南北と中央を“色”で表していたからです。その色は国によって若干異なるのですけど、概ね黒・白・赤・青が多いです(代表的なのは、日本・中国の北【玄武】黒、南【朱雀】赤、東【青龍】青、西【白虎】白)なんですけど、あと中央にも色を充てたりしています。これ、本当に驚いたのですけど、世界中に同じような“方位と色そして神様”が当てられている文化が多いです。文明が隔絶しているはずのメソ・アメリカにも同じような考えがあります。

「う〜ん。ここには何か有る!」

って、思ったんですけどね。
Posted by 阿頼王 at 2009年02月04日 11:48
黒ウサギさんへ

スッポンカッポン。
この言葉は母から良く聞きました。

ただ、亀田川には関係無いのです。
数十年前の工業高校の裏一帯は、葦などが生えた湿地帯だったそうです。
入り込むとズブズブとぬかるんでしまい、足を抜くたびにスッポン、カッポンと音がするので本通りや川原町あたりをスッポンカッポンと呼んでいたそうです。

『堰(せき)の開閉時にスッポンカッポンと音がするので…』と言う説に私は一票。

Posted by プー at 2009年02月04日 12:05
ヒューマさんへ

雪が降ったり融けたりと、今年は忙しいですね。
スッポンカッポンは年配の人で函館に住んでいる人なら結構知っている人が多いと思いますから聞いてみると面白いかもしれませんよ。


ショウセイさんへ

スッポンカッポンをネットで調べたら殆どヒットしませんでした。
私がブログをアップして、もう一度調べたら(○―グル)私のブログが一番にヒットしたほどなんです。
その位、ローカルでマイナーな地名?なのでしょうね。


 yuさんへ

まさにその本ですよ。
函館の歴史と箱館戦争関係にゆかりのある人物や場所を調べる為に読んでいました。
一般的には堰の音がスッポンカッポンというからだと思います。
今はもうないので、お年寄りに聞くしかありませんね。


阿頼王さんへ

阿頼王さんも近くの謎を紐解いていたんですか?
そちらは函館と違って歴史が古いので、古墳までありますからね
中国の兵馬俑みたいな物が見つかると日本の古代史も華やか?になるでしょうが、
なかなかそんな大発見には至っていませんね。
前方後円墳って、私見た事無いんです。
今は殆んどただの森状態なのかな?
当時は祭壇なんかもしっかりとあり、荘厳な雰囲気だったのでしょうね。


プーさんへ

農住団地界隈の事でしょう?
私が子供の頃(と言っても中学生)函工の裏はまだ湿地でしたね。
あそこなら足を入れれば“ズッポンガッポン”と長靴から音がしそうです
それが訛ってスッポンカッポンになるのもうなずけます。

所変わって亀田川のスッポンカッポンは、私も水門の音だと思います。
土左衛門の浮かぶ音がスッポンカッポンとはイメージが湧きませんよね。
Posted by 黒ウサギ at 2009年02月04日 16:46
何故かスッポンカッポンを思い出し、検索したら当ブログが出てきました。
柏木町307番地に住んでおりましたから、よく行ったものです。
記憶に残っている昭和25年から30年くらいまで、夏には母に連れられて川遊びに来ておりました。中州でたき火をおこし、暖をとりながら泳ぎました。多数の家族が来て、にぎやかでしたよ。
東京在住45年、函館が懐かしいです。
Posted by 函館生まれ63歳 at 2009年08月24日 08:24
函館生まれ63歳さんへ

ご訪問ありがとうございます。
当時の函館、新川(亀田川)でみなさん遊ばれていたようですね。
私がここに住むようになった時には、生活廃水垂れ流しのただのドブ川です。

スッポンカッポンのお話は、当時を知る方々に興味深く聞いておりました。
今の亀田川は垂れ流しもなくなり、ボラや虹鱒もたまに泳いでいるのを見かけるまでになりましたが、まだまだ泳げる程ではありませんね。
Posted by 黒ウサギ at 2009年08月24日 11:39
スッポンカッポンは幼いころに父が兄や姉と一緒に連れて行ってくれた川です。水が澄んでいてオレンジやブルー色々な小石がとてもきれいでした。そして冷たい川に入ると川は下からすっぽーんときてかっぽーんと流れていきました。とてもとてもきれいな想い出です。         60代



Posted by eri at 2014年06月14日 23:13
eriさんへ

これはこれは古い記事にコメント頂きありがとうございます。
私が函館で生活するようになって、物心ついた時にはすでにドブ川状態でした。
ですから清流だった頃を知っている方は貴重だと思いますね。
その頃は、魚もトンボもいっぱいいたでしょうね。
Posted by 黒ウサギ at 2014年06月15日 00:36
スッポンカッポンの近くで生まれ育った者です。
数年前、スッポンカッポンの言葉が懐かしく検索しましたらこのペ−ジが出てきましたのでそれ以来「お気に入り」に入れてたまに閲覧しておりました。小学校時代は勿論清流で堰があり川(新川)は蛇行しており、水遊びや「八目うなぎ」などを
取って遊んでおりました。この写真の橋(以前は木造)は新川の蛇行を止めて直線にしたら大雨の後急流になり流されてこの鉄橋にしたと思います。私は名前の由来は口図手ですが後者だと記憶してます。余りにも身近過ぎて大人になっても調べなかったですね!もっともっと書きたいことがありますがこの辺で終わり!100mぐらい上流で「ごだっぺ」を釣りに行ってましたよ。
Posted by 浜のじぃさん at 2015年05月12日 12:43
浜のじいさんさんへ

はじめまして 古い記事へのコメントありがとうございます。
この記事のコメント欄の後半は、リアルタイムでスッポンカッポンで遊ばれた方々ですね。
文章からすると、私の幼少期に遊んだ八雲町の遊楽部川と全く同じです。
「ごだっぺ」まで一緒なのが懐かしいです。

私の周りにいたスッポンカッポンを知っている人は、みんな鬼籍に入ってしまいました。
以前書いた「洗濯ばあさん」といい、もうすぐこの言葉も無くなってしまうと思うと寂しいです。
Posted by 黒ウサギ at 2015年05月12日 22:55
黒ウサギさん、早速のコメントありがとうございます。上の写真は現在の「白鳥橋」の場所です。
道新ビルから向かって昔は白鳥橋の右上と左下に
三日月湖が出来上がっててその内ダンプカ−で生ごみ等で埋め立てられました。それまではフナ釣りを楽しんでました。私も道新発行の函館史を持ってましたが移動〜移動で紛失してしまい本当に残念です!函館を離れて50年以上が過ぎましたが幼友達とまだ連絡が取れますのでその際には又投稿します。この「言葉]はもう少し調べがいがあるようです。
Posted by 浜のじぃさん at 2015年05月19日 13:37
浜のじぃさんさんへ

またまたコメントありがとうございます。
昔、三日月湖があったんですか。
う〜ん それは知りませんでした。
というわけで、白鳥橋付近の昔の写真を探してみました。
1948年の米軍撮影の画像でしたが、川が蛇行してるのは確認できました。
残念ながら三日月湖までは特定できませんでした。
今は、こうしてネットで過去の写真を探せるんですから、便利なものだと痛感します。
黒ウサギ掲示板へ航空写真を載せておきました。
http://kurousagi3.bbs.fc2.com/
Posted by 黒ウサギ at 2015年05月19日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック