2009年08月03日

DDGきりしま2

翌日は『きりしま』の体験航海乗艦整理券を手に入れていたけど、野暮用があって行けなかった。

午後から、艦内見学ぐらいは出来るかなと思って行ってみたら、案の定やっていました。

DDH142『ひえい』とDD105『いなづま』クラスの艦は何度か見た事があるからパス。今回は『きりしま』一本に的を絞って見学する事にします。

今回のお話はマニアックなので興味のない人はスルーして下さいね。

1.jpg
丁度、沖には日本丸が函館港を出るところでした。

2.jpg
さて、『きりしま』に乗艦しましょうか。

3.jpg
乗艦すると頭の上に、白い頭のSIWS(20mm機関砲)その後ろはヘリコプター着艦用誘導灯、そしてSPG-62射撃管制装置。

4.jpg
一番煙突後ろには、ハープーン発射筒(一発2億円)

5.jpg
これは洋上給油用支柱で、上のライトは夜間給油時に発見されづらいように赤色灯になっています。

6.jpg
内火艇は一般的な物。

このクラスは甲板伝いに前甲板へ行けないので、艦内を通ります。

7.jpg
お客さんがぶつからないように寅テープを巻いていた。
ちゃんと気配りしてます。

8.jpg
これは、担架ですね。

9.jpg
前甲板へ出るとVLSが目に入ります。

91.jpg
この四角い蓋が開いてミサイルや魚雷が飛び出します。

92.jpg
この角度の画像が欲しかったんです。

93.jpg
艦首にある5インチ(12.7cm)砲、イタリア製で一分間に40発撃てます。

96.jpg
驚いたのは、白い頭のSIWSの上にはOE-82C衛星通信アンテナがあるはずだけど、グレーのドームになっていた。

95.jpg
艦橋両舷にはチャフ発射筒(敵のミサイルを避ける装置)

97.jpg
また、艦内を歩いて・・・

98.jpg
ちょっとした配管でもフランジ(接続部)が丈夫な物で作られています。

99.jpg
これはダメージコントロール用の充填材?

991.jpg
艦内の階段は急です。

992.jpg
トイレはごく普通な物。

993.jpg
廊下の広さもまあまあ。

994.jpg
流石は戦闘艦です。至る所に救急箱がありました。

995.jpg
長い階段を登ってブリッジ(艦橋)到着。

996.jpg
インターホンの横にあるトイレットペーパーをティッシュ代わりにしているのが泣かせる。

997.jpg
航海灯、信号灯のスイッチ盤・・・手動なんだね。

998.jpg
舵輪(ハンドル)とテレグラフ(速度表示計)

999.jpg
ラッパが置かれていた・・・

9994.jpg
チャート(地図)台にはGPSもありました。

9991.jpg
艦橋に上がった一番のお楽しみは・・・

9992.jpg
この景色を見たかったんです。

民間人では、こういう機会がないと見る事の出来ない景色ですからね。

9993.jpg
手前にVLS、そして艦首側に5インチ砲。

                  つづく



                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 17:48| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒ウサギさん、こんにちは。
詳しいレポートありがとうございます。
もしかして乗組員よりも詳しかったりして。
専門用語はググッたりして勉強になりました。
トイレットペーパーは、うちの会社にいる自衛隊上がりさんの得意技です。
ティシューはもったいないそうです。
続きを楽しみにしてます。
Posted by 虎徹 at 2009年08月04日 12:23
虎徹さんへ

書くと本当にキリがないですが、詳しく書くと必ず軍事ヲタクがちゃちゃ入れてくるのが常なんですよ。
以前も潜水艦の事をちょっと書いたら、初めての書き込みなのに挨拶無しに
「それちがうべ〜」みたいに書かれた事がありました。
知識の前に人間性をどうにかしてよと思いました。
お話が脱線しちゃいましたね(笑)
Posted by 黒ウサギ at 2009年08月04日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124906473

この記事へのトラックバック