2009年08月04日

DDGきりしま3

思った通り、艦橋から見る景色は良いものです。

ここから海面までは20mぐらいあるはずですから、ビルにすると7階建てぐらいでしょうかね。

001.jpg
右舷側

002.jpg
左舷側

両舷に赤い色をしたカニカゴみたいな物があるでしょう?

これ、原速(12ノット)で航行する時には上にあげられます。

原速航行中の目印です。

艦橋から下に降りましょう。

003.jpg
反対側ではこれから艦橋に上る人をご案内する水兵さん。

いつの間にか私も歳をとったみたいで、水兵さんが子供のように幼く見えてしまいました。

004.jpg
むむっ・・・お偉いさんの控え室か・・・

005.jpg
艦内の廊下の床はPタイル。

一般的なビルや学校の床と同じ素材で出来ています。

それにしてもピカピカ・・・一般公開だから一生懸命にワックスをかけたんでしょうね。

006.jpg
艦内には『きりしま』と先代の『霧島』を描いた絵がかけられていました。

先代の『霧島』は第二次世界大戦当時、日本海軍に12隻あった戦艦の一隻で、1942年11月14日ガダルカナル島近くで起きた第三次ソロモン海戦において、日本海軍の戦艦で唯一砲撃により沈められた戦艦でした。

007.jpg
歴代『きりしま』も掛けられていました。

008.jpg
指令や艦長等のお歴々の写真ですね。

艦内を見終わり後甲板へ出ます。


009.jpg
艦尾にはVLSとヘリコプター甲板となっています。

VLS上にある赤いラインはヘリコプター着艦用のラインです。

0091.jpg
プラモで作るとデカールなんですが、本物はフリーハンドで描かれているみたいで、けっこう雑だった。

0092.jpg
ヘリ甲板向こうには『ひえい』と『いなづま』


0093.jpg
さて、『きりしま』から下艦し、外から見てみましょうかね。

乗って見るとパーツが大きくてよく分からないのもあったので、少し離れて見た方が見易かったりします。

たとえばECMです。

0095.jpg
近くで見るとこんな感じでなんだか分かりません。

0094.jpg
ね、離れるとよく分かるんです。

ECMって言うのは、妨害電波発生装置といえばいいかな?

0097.jpg
5インチ砲も外から見た方がよく分かるし・・・

0098.jpg
イージス艦特有の頭でっかちなスタイルもよく分かります。

ちなみにエンジンルームは見る事が出来ませんでした。
自衛艦のエンジン表記はCOGAGとかCOGOG等々があります。

頭文字のCOはコンビネーション、 

次のGはガスタービン 

Dだとディーゼル 

DLだとディーゼルで電気を起こしモーターで駆動 

GLだとガスタービンで電気を起こしモーター駆動

そして次のOはORで、AだとAND

次がまたエンジン形式。

つまり・・・

CODOGだと、巡航速度で航行する時はディーゼルで航行し、ダッシュする時はガスタービンを使います。

これがCOGAGだと巡航時はガスタービン、そしてダッシュする時はもう一台のガスタービンと同時に運転するわけです。

これってバイクにもあると良いんだけどね。

たとえばCO(メイト)A(TW)ってな感じで・・・・

巡航時は燃費の良いメイトのエンジンで走って、いざという時はTWのエンジンも動き出す。合計280ccのエンジンとなる訳ですから・・・

0099.jpg
などと、妄想をしながら『きりしま』を眺めてた・・・

00999.jpg
え〜と、マストは・・・

画像578.jpg
私の知識が間違っていなければこんな感じ。

ESMは電波探知装置、敵艦のレーダー波やミサイルからのレーダー波を捉える装置です。

妻が退屈そうにしていたので、このへんで見学終了しました。




                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 19:38| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「原速」というのが気になったので、検索してみました。なるほど、速度は数字ではなく、名前で呼ぶんですねえ。

それにしても、何であの形で、網なんでしょうか?
旗の方が見え易いと思うのですが・・・

奥様、お疲れ様でした。(笑)

Posted by 二兎を追う男 at 2009年08月04日 22:39
二兎を追う男さんへ

検索してみたんですね。
原速とか半速とか戦速とか色々出て来たでしょう。

どうして旗ではなく網なのかは私も分かりませんね。
ただ、航海の殆どは半速で走っていますから、丈夫な網製なのかなと思っていました。
Posted by 黒ウサギ at 2009年08月05日 19:39
画像からジパングの「みらい」がよりリアルに感じます。
イージス艦の凄さを漫画で知りましたから(笑)

はたして現代に戻れるのかどうか‥今後の展開が気になるところです。

Posted by mori at 2009年08月05日 22:42
黒ウサギさん、色々と勉強になりました。
ありがとうございます。

次のお楽しみはブルーインパルスですか?
私は残念ながら仕事で見られそうもありません。
Posted by 虎徹 at 2009年08月06日 10:35
黒ウサギさん、こんにちは。
私、野湯も好きですが、叔父が空母「瑞鶴」の99式艦爆乗りだったので今でもこのジャンルには興味が有り小樽などに艦が入ると必ず観に行ってます。
叔父は珊瑚海海戦で戦死したと聞いてます。
昨年、所用で本州に行った帰りフェリー待ちの間、舞鶴港で一日中過ごせましたわ!
これからも見学レポ楽しみにしてますよ!
Posted by ぽんた at 2009年08月06日 11:07
moriさんへ

ジパングではトマホークを使ってましたが、海自では装備していませんね。
その他、読んでるとちょっと違うんじゃないかなと言うところがあります。
まあ、そこはマンガと言う事で・・・
私も楽しんでおります。


虎徹さんへ

外伝にも書きかしたが、私も当日は仕事なんです。
なので会社の屋上から少しでも見られればと思っています。
一応、一眼望遠持参で出勤するつもりです。


ぽんたさんへ

そうですか。
叔父さんは珊瑚海海戦でなくなられたのですか。
あの海戦を足がかりにポートモレスビー攻略を狙っていましたね。
それにしても99艦爆に乗っていたとは感動です。

これからも艦船が入港した時に見学したらご報告しますからお楽しみに。
Posted by 黒ウサギ at 2009年08月06日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124993043

この記事へのトラックバック