2010年06月16日

景福丸

今日は久しぶりに船のお話です。

青函連絡船桟橋の裏手、現在のシーポート付近に景福丸という

レストランとホテルを兼ねた船があったという話を聞いた。

どんな船だったか知りたくて、文献を調べてみました。

景福丸は戦前の青函連絡船だったそうで、その後景福丸は稼動せず

レストラン兼ホテルとして、当時は大変珍しがられて流行ったそうです。

WWUの函館空襲の際は稼動船と間違えられ、米軍機の攻撃目標にもなったらしい。

k1.jpg
画像を探してみたけど、あったのはこれ一枚でした。(昭和31年撮影)

後姿じゃよく分かりませんが、時代を感じるベンチレーター

そして、船尾の形状が1940年代以前の船である事がわかります。


                             人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153383799

この記事へのトラックバック