2010年06月25日

パワー森林香

蚊取り器更新のお話の際、コメントを頂いた「ときぞう」さんから教えて頂いた
『パワー森林香』を早速注文した。

画像 004.jpg
そして本日、強力蚊取り線香『森林香』パワー赤箱が到着しました。

画像039.jpg
まずは、我が家で一番厚く、煙の出るライオンプチ蚊取りと厚さを比べてみた。

この、プチ蚊取りは通常の蚊取り線香の倍近い厚みがあるが、森林香はそれより少し厚い感じ。

早速、点火試験をしてみます。

比較対照用に普通の(アース渦巻き)と比べてみる。

ウ〜ム・・・微妙・・・です。

どっちが煙が多いか?と聞かれれば森林香だけど、極端に煙が多いわけではありません。

ただ、森林香から出る蚊取り線香の臭いは強い。

2倍以上は間違い無くあると思う。

点火試験時、そばにいた通常蚊取り線香では絶対に死なないクマケムシが死んじゃったんです。
(南無三)

やはり、強力な蚊取り線香だと思われます。

あとは野山で使ってみないと・・・

写真だと分からないから動画にしたけど、画像が小さくさっぱり分かりません。





                             人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 20:43| 北海道 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

それだけ強力だと、人体にもかなり害を及ぼしそうですね?
自分も蚊取り線香をぶら下げて金花湯に行きましたが・・・走行中は良いですが、休憩など停車時は気をつけないといけませんね。

蜜蜂の大量失踪の主原因と言われている「ネオニコチノイド系殺虫剤」が実は昆虫だけではなく、人体にもかなり有害だという話を読みました。
この薬、水田や畑で大量に使用されています。
フランスでは既に使用禁止になったらしいのですが・・・
Posted by ジェベリスト777 at 2010年06月25日 21:46
ジェベリストさんへ

この手の薬は昔仕事で使ってました。
これはピレスロイド系殺虫剤なので、哺乳類以外に効く神経毒の殺虫剤です。
蚊取り線香程度のピレスロイド濃度だと普通の人には影響ないと思います。
LD50値(http://kurousagi1998.seesaa.net/article/32392608.html)は、グラム単位だったと記憶していますから、臭いが気になる程度で全然大丈夫であります。

ネオニコチノイド系殺虫剤とは別物なので大丈夫です。
Posted by 黒ウサギ at 2010年06月25日 22:38
こんばんは

煙の量少なかったですか、すみません。
私は夜使って結構多く感じたんだけどなぁ。

煙は光の加減で見え方が変わるのかもしれませんね。
通常のものと煙の量を比較したサイトがあったのでご参考まで
http://item.rakuten.co.jp/kodamaichiba/428618/
湿気とかも関係あるかもしれませんね。

私はノーマルタイプしか使った事がないので、引き続きパワー森林香のレポお願いします。


Posted by ときぞう at 2010年06月26日 02:53
ときぞうさんへ

いえいえ、煙が少ないような気がしましたが
臭いはかなり強かったです。
煙が見えなくなっても薬効成分の濃度が濃そうなので十分期待できると思いました。

とにもかくにも良い物を教えて頂きありがとうございます。
今日、早速野山で使ってみますね。
Posted by 黒ウサギ at 2010年06月26日 06:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154460301

この記事へのトラックバック