2006年07月01日

ファミリーキャンプ

私のキャンプスタイルといえばバイクツーリングでのキャンプが中心です。
そしてキャンプ場を極力利用しない事。

そんな私でも、友人らとファミリーキャンプに行く事があるのだが・・・

たまに行く、盛夏のキャンプ場は最悪と言うしかない。
打ち上げ花火の音、若者の罵声、夫婦喧嘩の声、
他のサイトの人が我々のテントの側を歩き、テントやタープのロープに足を引っ掛け、
あわやテント(タープ)の倒壊?等々。

そんな中で必ず気になる光景を目にする。

テントサイトで、子供が一日中ポータブルゲームをしていることだ。

ご両親(特にお父さん、)は必死になってテント、タープを設営し
テーブルをセット、大きなツーバーナーを車から出して夕食の準備。
その間、子供はゲームに夢中。
夕食が終わるとすぐ、またゲーム。

明らかにキャンプ道楽の親に付き合わされてしまった子供。
キャンプをしたいのは、子供じゃなくて親なのだとしか思えない。

だからと言って、子供がみんながゲームしているわけじゃないし
外で楽しそうに昆虫採取などをしている光景も見られるわけで、
親の道楽に付き合わされてしまった子供でも
せっかく、いつもと違った環境にいるわけだから
何か、心に残る楽しいお土産を持って帰って欲しいものなのだが・・・

遠くから聞こえるその子供の声は、
「超っ〜むかつく、何だよ〜この虫!! 殺虫剤!殺虫剤!」であった。
posted by 黒ウサギ at 08:35| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒うさぎさん 始めまして。
大自然北海道でのキャンプいいでしょうねぇ。
そちらはこれからがアウトトアのシーズンになるのでしょうか?
キャンプって、うちも時々一家で行くのですが、なんか大人の方が喜んでいます。子供たちはそれなりには楽しんでいるんですが、黒うさぎさんが書かれたように子供たちは「虫が怖い」みたいです。
自分の子供の頃は虫取りが楽しくて仕方なかったのに……。
今の子供って、インドア派というか、おっさんって言うか。もう少し子供らしくてもいいんじゃないかなと思います。
Posted by 阿頼王 at 2006年07月02日 09:00
阿頼王さん はじめまして
コメントありがとうございます。

私が子供の頃、インドア派になろうと思ったら、プラモデル作りや読書、テレビぐらいしか思いつかないです。
今の子供はPCもあるしテレビゲームも多種多様にありますからね。
確かに今の子供たちはインドア派なのかもしれません。
ただ、家の中では味わえないリアルな喜び、恐れ、感動を味わって欲しいと心から思います。

家の中ではあくまでもバーチャルな世界ですから、私がどれほどブログに書き込んだとしても、野山で出会った熊や、しつこく飛び回るアブ、はたまた夜の川辺を飛び交う蛍、清流を流れる朝霧、野山の香りが伝わるか疑問です・・・。
Posted by 黒ウサギ at 2006年07月02日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20091343

この記事へのトラックバック