2006年08月04日

上磯ダムの釣り

今年は、春からよく上磯ダムに通っているのですが、
あまり良い思いをしてません。
マズメ時に行かないからなのでしょうけど、
一番大きなブラウントラウトを釣ったのは40cm。

それよりも、ブラウン以外の魚があまり釣れなくなっています。

釣り人にとってブラウントラウトは魅力的ですが、
誰がこんな外来種を放流したんでしょう?

考えるに、この川では、かなり上流に行かないと
イワナが釣れなくなっていると思います。

今はどこの川に行ってもニジマスかブラウンが釣れます。
生態系から見ればとんでもない話ですね。

しかもキャッチアンドリリースの釣り人が多いので、
外来種は一向に減りません。
いや、減るどころかブラウンばかり釣れています。

大沼にもブラックバスを放流したはんかくさい人がいて今は大騒中。


大物も良いのですが、やはり小型でも綺麗なヤマメやイワナの方が
私にとっては魅力的です。

日本の渓流釣りには「ビク」という、
釣った魚を腰に吊るす籠がありますが、
あのビクを腰にぶら下げてムギワラ帽子を被ってエサ釣りしていた子供の頃。

あんなのどかな釣り人は最近とんとお目にかかっていません。

ちなみにこの上磯ダムの下流は、富川層が露出しています。
ここは、生痕化石があり、貝化石も沢山採集できます。



                         人気blogランキングへ







posted by 黒ウサギ at 08:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21906008

この記事へのトラックバック