2006年08月28日

オオハンゴンソウ

夏の終わりごろから野山に群生している見慣れた花です。

場所によっては一面ヒマワリ畑?かと見間違うほど自生していますが、
10年前にはこんなに生えていませんでしたね。

この花を見かけるようになって30年以上が経ちましたが、
年を追うごとに勢力は拡大中。
このオオハンゴンソウやアラゲハンゴンソウ
もともとは北アメリカからの帰化植物。

arageehangonsou.jpg

今でさえこの有様です。
あと10年もすれば夏の野山は一面真っ黄色に埋め尽くされるでしょう。

川ではブラウントラウトやニジマスが釣れるのが当たり前になった昨今、
小川では日本ザリガニも見かけられなくなってきました。


                         人気blogランキングへ

posted by 黒ウサギ at 08:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22912950

この記事へのトラックバック