2006年09月08日

函館の秘境

函館山と言えば夜景が有名ですが、

昭和28年頃までは、この函館山の裏側に寒川という集落がありました。

現在は函館山を越えて行かなければなりませんので、

訪れる人は殆んどなく函館の秘境と言っていいでしょう。

私の記憶では昭和40年代まで、海から陸路がつながっていました。

函館山を正面から見て右側に「穴間」という洞窟のある海岸に吊り橋が架かっていて、

そこを渡って行く事が出来たのです。

anama.jpg

anama1.jpg
現在は橋脚が残されるのみです。

anama2.jpg
橋脚の奥は洞窟です。


最近は私も行っていませんが、釣れるんですよ〜ここ!

寒川地区の海岸には天然の防波堤のような場所があり、

当時そこから釣りをすると色々な魚が釣れたものです。

また訪れたいのですが、函館山越えと言う難関がありますから

釣道具をいっぱい持って、その上お弁当やら水やらを持つ事を考えると

何となく敬遠してしまって、なかなか実現していません。

                           人気blogランキングへ

posted by 黒ウサギ at 08:24| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒ウサギさんこんばんは!

釣りは雑魚とか管理釣り場しかやってませんが、やはりそれは内地のある意味貧相な川での釣りに醍醐味を感じないから?・・と感じています。

しかし北海道はスケール違いますね!
見ているだけでもワクワクしてきます。
Posted by 長次郎 at 2009年11月30日 17:42
長次郎さんへ

バックナンバーへのコメントありがとうございます。

この奥地にある寒川部落では沢山魚が釣れた記憶があります。
もちろん釣れない時もありますが・・・
函館市民でも訪れた人は少ない場所なんですよ。

管理釣り場って・・・近所にないのでよく分からないんです。
こちらでも魚は少なくなっていますね。
それから渓流では外来魚も増えちゃって・・・

車の発達と魚の減少は反比例関係にあるみたいで・・・
Posted by 黒ウサギ  at 2009年11月30日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23433104

この記事へのトラックバック