2013年02月19日

レッグシールド強化2

先日、足元の防寒対策としてレッグシールドを強化してみました。

それ以来、足先が寒い(冷たい)という事はなくなりましたが、走行する最低気温は-5℃ぐらいと高め。 

画像003.jpg
これだとデータ不足なので、片方のレッグシールドを取って左右の足の冷たさを比べてみた。

画像004.jpg
正面からも撮ってみたけど、透明だからあまり良く写ってません。

数日、この状態で走ってみた結果ですが・・・

以前のレッグシールドが強化されていない状態でも、真冬に200km以上走っているわけで、別にあっても無くても変わらないってのが正直なところだったんです。

ところが、みぞれや雪が降っている時に走行するとレッグシールドが強化されていない方の長靴が濡れます。

すると、長靴に付いた雪(水)の気化熱のため『寒い』とまで言いませんが、そこそこ足が冷たいと感じました。

画像005.jpg
(我が家に帰ってきたメイトを見るとウインドシールドにも着雪してます)

やっぱり効果あるってのが結論。
posted by 黒ウサギ at 23:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323989170

この記事へのトラックバック