2007年02月16日

希硫酸の味

TW200のバッテリーの補充電をした。

その前に、少なくなったバッテリー液をアッパーレベルギリギリまで補充します。

ところがちょっと入れすぎてしまいました。

こういう時にはスポイトか何かで吸い取って、他の液室へ入れてやれば良いのですが、
そのスポイトが見当たりません。

引き出しやら、工具箱やらゴソゴソ探しても見つからない。
たまにしか使わない物って、探すと無いものです。

それで、茶だんすの中にあったストーローを使って、
慎重に口で吸って、口元で寸止めして液を抜く事にしたのです。
危険なので、まずは、蒸留水で何度か練習してみた。

吸う力をかなり抑えれば何とかなりそうなので、早速本番開始。
2、3回もやると、意外と簡単に出来ることが分かり、
どんどんバッテリーの液面が下がっていきます。

ところが、熟れたところに魔物が潜んでいるものです・・・
5回目に吸ったら、勢い余って口の中までバッテリー液の希硫酸が入って来た!

すぐに「ペッペッ」して吐き出し、うがいをしたので事なきを得ましたが、
大変危険なので、こんな事をやってはいけません。
後からスポイトも見つかって一件落着し、補充電も完了です。


ところで、口の中に入った希硫酸のお味の感想ですが、
酸っぱくて意外と美味しい味?なのです。

黄色い容器に入っている『食卓レモン』あの味に近かった。
「やっぱり『硫酸』も『酸』だから、酸っぱいものなんだなぁ〜」と、
変な感動をする私でした。

                            人気blogランキングへ

posted by 黒ウサギ at 08:37| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄い!チャレンジャーですねー!
ビックリしました〜大丈夫なんですね!
私はずぼらなんで「入りすぎちゃった〜まあ少ないよりいいっか〜」でおわりです(笑)
Posted by 雪国の年中バイク乗り at 2007年02月16日 17:56
いつもコメントありがとうございます。

少ないよりいいか〜って思いたいんですけど・・・
性格的なものなのでしょうね。
われながら情けない失敗でした。
Posted by 黒ウサギ at 2007年02月16日 19:26
ナント!希硫酸をストローで吸い上げるとは・・・絶句。普通ですね、そういうことは思ってもやりませんよ!ヘラ溶けませんでしたか?(笑)
TWもいいですね〜 そのうちTWの林道ツーリングでもアップして下さいね。

Posted by naotyan at 2007年02月16日 19:49
naotyanさんへ 

濃硫酸じゃなくて希硫酸なのでやっちゃいました。
でも、やっちゃいけませんよね。
TWの林道ツーリングは、あと一ヶ月半お待ちください。
今年は雪が少ないのでもう少し早いかも知れませんが・・・
Posted by 黒ウサギ at 2007年02月16日 20:14
バッテリー液をストローで口で吸うなんて・・・。
凄い勇気ですね!

私も化粧品を旅行用の携帯ボトルに詰め替える時にスポイトがなく、ストローを使いましたが、指でストローの先を押さえて、入れ替えました。
すっごく時間がかかるので吸えば早いかなと思ったのですが、もし口の中に入ったら・・・
と思うとできませんでした。

さすが黒ウサギさん、男らすぃ〜〜
Posted by かな at 2007年02月16日 20:57
カナコロさんへ

遠き幼き日、我が家で石炭ストーブから灯油ストーブに換えた頃のお話。

私の親は醤油チュルチュル(ハンドポンプね)の存在を知らずに、
何度か口からホースで吸い、サイホンの原理で灯油タンクに注油しておりました。
それを見ていた私には、なぜか魔法を見る思いがしたのです。
それがいまだに頭の中にあるのでしょうか?
んなわけないか・・・
Posted by 黒ウサギ at 2007年02月16日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33791229

この記事へのトラックバック