2007年02月21日

旧桟橋

函館ゆかりの人、亀井勝一郎氏が選んだ函館八景の一つがここ
末広町にある旧桟橋。

07 2 21.jpg

ここで言う旧桟橋は東浜桟橋のことで、青函連絡船の就航より以前に使われていた桟橋です。

すぐ側には北海道第一歩の地碑があり、
当時は、この桟橋から北海道の第一歩をしるしたそうです。

亀井氏によると、ここの落日が良いとされていますが、
この場所からの落日は、函館山が邪魔をして見られないと思うのです。
ですから、夕景の素晴らしさを言っているのでしょう。

昼にここを訪れれば観光客だらけのスポットですが、
夜ともなれば人は殆んどおりません。

見事な函館八景です。


                        人気blogランキングへ



posted by 黒ウサギ at 08:15| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「函館八景」は亀井勝一郎選なのですか・・・初めて知りました。ついでに、ほかの七景も知りたくて調べたら、下記でした。ネットは便利ですね〜。「函館港帰帆」が旧桟橋ですね!他の七景もこの題名を基に写真に収めてみたら面白いかも・・・?

立待岬秋月、函館港帰帆、公園地夜雨、新川橋夕照、大森洛晴嵐、亀田村落雁、駒ヶ嶽暮雪、高龍寺晩鐘
Posted by sakag at 2007年02月22日 06:10
sakagさんへ

亀井勝一郎氏の函館八景当時と現在とでは、
景色もかなり違っているのでしょうね。
特に亀田村落雁や新川橋夕照あたりなど・・・
新川橋からは、当時は函館港が見られたはずですし、
亀田村は一面畑だったでしょうね。
新函館八景なるものを探すのも良いかも知れませんね。
Posted by 黒ウサギ at 2007年02月22日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34295448

この記事へのトラックバック