2007年04月15日

スーパーカブカタログ

お仕事中出会ったお客さんに、以前本田技研工業にお勤めで定年退職された方がいらっしゃいました。

お昼休みに色々バイクのお話を聞かせて頂き、昔のカブのカタログをデジカメで少し撮影させてもらったのでご紹介しましょう。

07 4 15.jpg
1958年頃のカタログ。 鋼板プレスの車体にフロントフェンダーはポリエチレン製です。
フェンダーと車体が同じ色で塗装される技術は、この頃完成されたそうです。

07 4 15 1.jpg
1962年頃のカタログ。カブはC100Jでしょうか。
当時のなつかしい団地の一コマです。まだノーヘルOKでした。

07 4 15 2.jpg
1966年頃C50 確か1965年のカブからOHVからOHCエンジンに変わり、更に信頼性がアップした頃のカタログです。
このカブは数年前、函館博物館に展示されていました。(今もあるのかな?)
リアサスが短くてチェーンケースの上に取り付けられているのが特徴です。

07 4 15 3.jpg
1969年C50 C70が発売された年です。ポジションランプが付いた他は今と全く変わりありませんね。
このタイプは私も乗った事があります。
ちなみにこの年はホンダ・ドリームCB750FOURが生産された年です。

07 4 15 4.jpg
1969年こんな使われ方もあるんです・・・みたいなカタログですね。

07 4 15 5.jpg
1973年 この頃のホンダではスポーツバイクも充実し、カブは実用車という部類になりました。

07 4 15 7.jpg
1982年この頃は空前のバイクブームの始まりの頃。真っ赤なカブも発売され、SDXも登場しました。

07 4 15 6.jpg
1983年長く続いた丸ライトから角型ライトのカスタムも登場。燃費はご覧の通りです。
このタイプは現在も生産中ですね。


                         人気blogランキングへ


posted by 黒ウサギ at 00:47| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
62年頃からまったく変わってないんですね〜不思議な感じがしますね〜ほんと名車だぁ〜
Posted by 雪国の年中バイク乗り at 2007年04月15日 01:53
発売当初から殆んど変わっていないと言っても良いぐらいですから、本当に名車です
。今のホンダがあるのはカブのおかげですからね〜 
次回は最近のカブカタログを貼ろうと思っています。
Posted by 黒ウサギ at 2007年04月15日 10:48
これはこれは珍しい写真を拝見させて頂きました!
一番上の写真ですが、私が子供の頃見かけたカブは丁度こんな感じでしたね〜
近所にこのカブを所有している家がありまして、中学になったばかりのその家の子供が乗り回していました。
私も借りて乗りましたが(勿論無免許)古き良き時代の懐かしい思い出です。

Posted by naotyan at 2007年04月16日 18:42
naotyanさんへ

やっぱり懐かしかったでしょ〜
私も古いカブのカタログを見せて頂いて感動ものでしたから・・・

ちなみにCLシリーズのカタログも写真を撮りましたから折を見てUPしようと思っております。
Posted by 黒ウサギ at 2007年04月16日 19:38
博物館と同じカブ先日妻が又乗りたいとの事で12V化しました、ナンバープレートは巴マーク付きです。
Posted by 誠 at 2014年06月05日 22:34
誠さんへ

昔のネタにコメント頂きありがとうございます。

古いカブはみな6Vですからね。
今の電装品が合わないのが欠点で、しかもバッテリーも弱かった・・・
まあ、無くても走るのがカブでした。
Posted by 黒ウサギ at 2014年06月06日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38739649

この記事へのトラックバック