2016年10月30日

準備

もうすぐ雪が降りそうだから、冬に備えて最後の薪集めや草刈に行ってきた。

それを書いても面白くないから、その後のお話ね。

画像051.jpg
ちょっと冷えるかと思ったら3℃程度の気温でした。

道南は、真冬でも日中ならこの温度より10℃程度しか下がりません。

この温度で暖かく走られれば、冬も大丈夫でしょう。

画像052.jpg
かなり葉が落ちてきた。

画像053.jpg
晴れてるように見えますが、時々天気雨が降って来ます。

さて、レンタンストーブでコークスを焚いて、冬の暖に出来るかの最終実験もしてみます。

画像055.jpg
まずは炭(オガタン)で火床を作り、火が落ち着いて来たらコークスを投入します。

画像054.jpg
コークスは送風しないと立ち消えしますから空気を送ります。

画像056.jpg
みごとに燃焼しています。

結局、100gで1時間程度燃えたので1kgちょっとのコークスがあれば、一晩暖を取れそうな感じです。
posted by 黒ウサギ at 17:20| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、黒ウサギさん。

こちらもこの数日は寒くなりました。

以前にもコークスの事を伝えていましたが、100グラムほどのコークスの燃焼で、どの程度暖かいのでしょう?

テントの中はちょっと危険としても、焚火の代わりにはなるくらいでしょうか?
Posted by byzantine at 2016年10月30日 18:25
byzantineさんへ

焚き火にはかないませんが、暖は取れる感じです。
暖かさは、例えるなら焚き火が石油ストーブでコークスは電気ストーブ程度です。
燃やす量でしょうね。

コークスはずっと燃えてるのでコンロ代わりに使えますからキャンプ時の調理に使えます。
もちろん面倒なら火力が少し落ちますが、練炭を使えば6時間ぐらい持ちますし、それなりに暖かいです。
Posted by 黒ウサギ at 2016年10月30日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック