2017年04月02日

輻射熱

函館市内は殆ど春って感じ。

画像042.jpg
GWに2日間自由な時間を取れそうだから、10年以上ぶりにキャンプツーリングをしようと企んでる。

画像043.jpg
しかし、知らない土地は、よく分からないのでキャンプ場利用でしょう。

画像044.jpg
やっぱり焚き火は欠かせないが、キャンプ場ってのは直火禁止?だから考えた。

画像045.jpg
バイクだと大きな焚き火台は持てないから、簡易な物で地面に熱が伝わらない物はないかと。

で、実験です。

画像046.jpg
アルミのテーブルに100均シリコンマットを敷きます。その両脇に厚さ1cm程の木を置く。
シリコンは、230℃まで耐えられるらしいから、テーブルを下から触って熱くなければOKでしょう。

画像047.jpg
木の上にアルミホイルを敷いて空間を作ります。

画像048.jpg
その上に割り箸を両脇に置いて100均トレーを置く。

画像049.jpg
その上に、またアルミホイルを敷いて、その上に長パット網を置く。

画像050.jpg
そこへ焚き火台(プチかまどS1)を置きます。

画像051.jpg
貧乏臭い焚き付けを置いて点火します。

画像052.jpg
マッチ一本で一発点火(当たり前)

画像053.jpg
30分ほど焚き火をしてみたが、テーブルは冷たいままです。更に輻射熱が出るようにバーナーパットも置いてみます。

画像054.jpg
ついでだからお湯も沸かしてみたりします。

画像058.jpg
とどめに大きな薪を投入して1時間ほど焚き火してみたが、アルミホイルかシリコンマットかは分かりませんが、輻射熱を反射して、テーブルへ熱を伝えなかったようです。

画像055.jpg
当然、ウッドストーブなら全く問題無し。

これでキャンプ場で焚き火も出来るでしょう。

つづきまして、軽く偵察機を飛ばしてみます。

画像038.jpg
川原の雪がかなり無くなってるでしょう。そして除雪路もはっきり分かる。

画像040.jpg
小安沢へ続く林道も雪が少なくなってますが、去年より少し雪融けが遅い感じ。

画像041.jpg
林道が見えてるが、真ん中は雪かきした所。


偵察機の設定限界高度120mまで一気に上がってみました。

つづく
posted by 黒ウサギ at 21:47| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野営地の様子が良く解りますねぇ!

場所も何となく判りました。

多分、先日近くまで行ってます。

けっこう熱を遮断するのですね、驚きました。


GWはどちらですかね!
Posted by ぽんた at 2017年04月03日 12:51
ぽんたさんへ

これだけ書いても来る人がいないので助かります(笑)
もっとも、プーさんも出る所だって書いてますから普通来ないですよね。

アルミホイルの熱遮断高効果ってスゴイと思いました。
絶対熱くなると思ってたんですが、冷たいままでした。

GWは、あちこち見ながら積丹(泊村)盃キャンプ場あたりに行こうかと考えてました。
Posted by 黒ウサギ at 2017年04月03日 16:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448672923

この記事へのトラックバック