2017年11月06日

焚き火缶2

前回の焚き火缶の火力が強すぎたので、もう少し小ぶりな焚き火缶を使う事にしてみた。

なので今回は、雨の焚き火で使った火起こし器です。

s.PB040001.jpg
この焚き火缶なら、直径5cmぐらいの薪を燃やすいと煙が出やすいと思うから1/4にします。

s.PB040003.jpg
100均の台座付き金網を下に敷いて、空気の通りを良くしてみた。

s.PB040002.jpg
朝露で湿った木でもまあまあ燃える。

s.PB040005.jpg
しかし、炎を見ると空気(酸素)を欲しがってるのが経験上分かりました。

これでも悪くはないが、加工が必要だと思った。

というわけで翌日。

s.PB050011.jpg
胴体に直径1cm程度の空気穴を開けてみました。

s.PB050012.jpg
さて、どうかな?

s.PB050013.jpg
昨夜に雨が降り、翌朝に霜が降りていたので薪(流木)が濡れて条件が悪いけどね。

s.PB050014.jpg
とりあえず火も付いたし、空気の流れも悪くないが、いかんせん薪が濡れています。

s.PB050018.jpg
薪が乾燥して本燃焼になるまで紫煙っぽい煙が出るのは仕方ないか・・・

s.PB050020.jpg
この水分が煙の元です。

s.PB050023.jpg
こういう時は、薪を上に置いて乾燥させながら燃やせば良いでしょう。

s.PB050024.jpg
案の定、こうすれば条件の悪い時でも火力も安定します。

真冬でも暖を取れるだけ暖かかったが、火の維持に時間がかかりすぎて火を見てマッタリする暇がありません。乾いた木ならこれで良いと思うが、焚き火缶全体の熱量とか考えるとペール缶の焚き火缶の方が良いかも知れないし、こっちの方でも良いかも知れない。煙が出ずに炎を見られ、マッタリ出来る焚き火缶、もう少し考えましょう。
posted by 黒ウサギ at 10:19| 北海道 ☔| Comment(2) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それにしてもよく切ったもんですね。穴をあけた・・どんな結果になるか興味もりもりで見てました。取っ手もどうやってつけたんだと思ったらなんとリベットとはウサギさんらしい・・・。小学低学年時代(S30年頃)の通学途中大人が工事をしながらの、焚火を見て道草しました。まきが音を立てながらあぶくが出て燃えていたのを思い出しました。大人になってからは、空燃比・燃料の発熱カロリー・NOX・混合比・K値・燃焼速度などイヤーきりがないくらいいろいろなことが出てきました。写真も肉眼よりもきれいに見えますね。ほんとうにいろいろな楽しい思い出とともに苦労も一緒に懐かしく思い出させてくれます。拝見していて本当に素晴らしいブログだと思います。
Posted by yama at 2017年11月06日 17:16
yamaさんへ

こういうピンポイントというかマニアック過ぎる話題でもお褒め頂き恐縮です。
いえね、ここ数年すっかり冬のキャンプ好きになってしまいましたから、冬に備えての試行錯誤が楽しいんです。
まだ全然完成形じゃありませんから、来週にでもまた実験に行くと思います(笑)
Posted by 黒ウサギ at 2017年11月06日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。