2017年11月12日

焚き火缶3

画像170.jpg
焚き火缶2で、焚き火缶の完成形が見えなかったので、また来ました。

画像171.jpg
朝の気温は3℃ですから、ガリッとまかなって来ないと妖怪ブルブルに憑りつかれます。

画像172.jpg
木々もすっかり葉を落とした。

画像173.jpg
今回は、ペール缶にフタをして煙突を付けてみます。

画像174.jpg
こうすれば燃焼効率も上がるだろうし、煙突から出る煙も少ないはずです。

画像175.jpg
ペール缶のフタに丁度良い物が無かったので、お菓子の缶をカシメてつないで作りました。

画像176.jpg
昨日は、またまた雨だったからペール缶の前に薪乾燥台も設置してみた。

画像177.jpg
薪が湿っててよく燃えず、イマイチです。

画像178.jpg
仕方ないから煙突とフタと撤去して、前回同様の燃焼をさせてみたが、これも薪が湿気っておりイマイチ。

画像179.jpg
ご覧の通り、水分がジュージュー出てます。

画像180.jpg
条件が同じだから火起こし器でもやってみます。

画像181.jpg
同じように火が点きづらいが・・・

画像182.jpg
煙突効果で空気(酸素)の通りが良く、すぐに燃焼を始めました。

画像183.jpg
熱量は少ないけど、折りたためるし燃費も良いから、今季冬キャンプで採用かな?
posted by 黒ウサギ at 19:59| 北海道 ☔| Comment(4) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「鳩サブ」ですか・・
こういう虫食い(煙突孔)があると、妙に想像力がかき立てられます。もちろん、有名なお菓子ですから消えた部分には「レー」があったに決まってると思う人が多数派でしょうけど、「ロー」の可能性はないのかな、と私は考えてしまう。
それで調べると、あったんです。
「鳩サブロー」が。
正しくは「鳩三郎」ですけどね。
豊島屋の本店で手に入るらしい。
正しくは、
豊島屋の本店でしか手に入らないらしい。
Posted by 川崎鉄馬 at 2017年11月12日 22:09
なんか見たことあると思ったら保証書と取説を入れてた缶でした。面白いもんですね、一寸の違いで結果も違ううんでしょうかね。それにしても流石に黒ウサギさんらしいすごいもの作ってましたね。拝見してて気が付いたんですが、水分の蒸発時の気化熱や潜熱・木の燃焼発熱カロリー(2400・・?)との微妙な関係もあるんでしょうかね・・?。もっと燃えるように思ったのですが差し引きされるんでしょうか・・(マイナス効果)。パソコンを10にしてから電子辞書のアイコンは出ていますがデーターがインストールできませんのでそのまま使用しています。年賀の時期にもなりましたがネットとメール以外何も入ってません。失礼なことがあると思いますがその節にはよろしくお願いいたします。
Posted by yama at 2017年11月12日 22:38
川崎鉄馬さんへ

鳩サブに来ましたか(笑)
しかしまあ、鳩サブローよく見つけましたね。
私も見たらありました。
こういう缶って地味に高級なのでなかなか使えませんし手に入らないけど
今回は会社の不燃ゴミの中から拾ってきたんです。
焼けて穴があくまで使うと思います(笑)
Posted by 黒ウサギ at 2017年11月13日 07:25
yamaさんへ

木の燃える温度は400〜500度ぐらいのはずで木炭は300〜400度ぐらいだったと記憶してます。
当日の気温が3度だし、木の水分を蒸発させるエネルギーは、燃えている木からもらうわけですね。
ざっと考えても1.5倍程度のエネルギーが必要かと思いました。
というか、見た瞬間に勘で『燃えないべ!』と思ったぐらい濡れてましたね。
焚き火缶は鉄なので、そこからの放熱もあるし、これが耐火煉瓦とか珪藻土(七輪みたいな素材)で覆っていれば意外と簡単に燃えると思いました。

PCの方は、私もよく分からないので気にしませんので。
Posted by 黒ウサギ at 2017年11月13日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。