2017年11月14日

クロスカブ購入1年

 早いものでクロスカブを買って一年が経ちました。現在の走行距離は6400km強で、メイトの時だと年に1万キロ以上走っていたから走行距離は少なめだが、4月までメイトも乗っていたのでこんなものでしょう。

s.画像170.jpg

それで一年クロスカブを乗っての印象ですけどね。やっぱり納車時の印象とほぼ同じ感じです。これはカブ型バイクの手軽さが少なく、どちらかと言えばバイクという感じだったので、良い意味でも悪い意味でも裏切られました。

s.画像171.jpg

良い意味では、大柄なポジションが幸いして、長距離を走っても疲れづらい事が一番の印象で、走らせる事が(トコトコね)かなり楽しかった。悪い意味では、今度は大柄なポジションが災いして、カブ型バイクの小回りや切り替えし等の自転車感覚で乗れる感じが無くなった事でしょう。

s.画像172.jpg

なにせメイトで18年、その前に乗っていたカブ90や70みたいな下駄代わりじゃなくなったのが、残念だった事です。

s.画像173.jpg

とはいえ、もっと残念なのが、やっぱりホンダ製とはいえ、中華組み立てのいい加減さが目に見える事です。メイトはバイク屋さんで安く手に入ったから買ったわけで、本当はカブに乗りたかったんです。それで、念願のクロスカブがこれなんだから、ガッカリしたのは今までもブログで書いてましたね。

s.画像174.jpg

もし、メイト(タウンメイト)が新車で売られていたとして、誰かが買おうとしたら、間違いなく私はメイトを勧めるでしょう。シャフトドライブだし、腰上オーバーホールを2回したけど、メーターを一回りして、まだ現役で走ってます。信頼性は間違いないし、メンテナンスもかなり楽だし、カブ以上に粗悪部品かと思われる箇所もあるが、走行に支障を来たす部分じゃないので許容出来る良く出来たバイクですから。

s.画像175.jpg

で、クロスカブを欲しいという人がいたらどうでしょう?残念ながら、私はお勧め出来ません。なにせ自分で整備しようとしたら、レッグシールドすら外せない馬鹿トルクで締めてるバイクですよ。どうしたってお勧めなんか出来ないでしょう。人種差別なんかしたくありませんが、やっぱり中華製という事が障害以外の何ものでもないです。まあ、クロスカブに乗るだけで、あとはすべてバイク屋さん任せってのならお勧めしますけどね。

s.画像176.jpg

なんて酷評するクロスカブですが、インジェクションというブラックボックスのおかげで、最高燃費72km/lだし、林道のみでも40km/lを絶対割らない恐ろしいほどの燃費は評価出来るし、トコトコ走る事が滅茶苦茶楽しいバイクです。TWで舗装路を走る行為は、林道をつなぐラリーのリエゾンみたいな感覚しかありませんが、クロスカブでは舗装路でも何だか理屈抜きに楽しいんです。最近、林道記事が少なくなってるのも、そのためですしね。

s.画像177.jpg

国産カブも発売された事だし、メイトの時みたいにクロスカブのオーバーホールは致しません。乗り潰すつもりで、走るのが楽しいクロスカブをしばらく乗るつもりなのでした。

posted by 黒ウサギ at 18:25| 北海道 ☔| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。