2007年12月01日

懐かしいコマ

今年の大晦日も来年の元旦も仕事になってしまいそうです。

仕事となると大掃除ができないわけで、

今から大掃除を少しづつやって行こうと思い、今日から早速はじめてみた。

いつもは出来ない押入れの奥のダンボールを出して、いる物といらない物を分別します。

私のお掃除の基本は、いらない物を捨てる事ですから・・・

07 12 1.jpg

そしたら、こんな物が出てきました。

今から40年ほど昔、私が子供の頃に回していた木のコマです。

このコマは「ハタキ」っていう木の板で叩くと、いつまでも回す事ができました。

地方によって違うと思いますが、遊び方は数人の子供が同時にこのコマを回し、

一番早くコマを止めた子供を「イッコウ」、次が「ニコウ」と言い、

最後まで回し続けた子供を「ゲッコウー」と言います。

「ゲッコウ」の前が「ゲノマエ」たったはず?

一度「イッコウ」から「ゲッコウ」までが決まると、次からはその順番で回して行きます。

そして、「イッコウ」がコマを回すと「ニコウ」は、「イッコウ」のコマめがけ、自分のコマをぶつけるんです。

コマをぶつけられた「イッコウ」のコマが止れば「撃墜1」となります。

毎日毎日コマ回しばかりするので、年間撃墜数が三桁を越える子供もいましたね。

「ゲッコウ」は、誰にも撃墜される事はありませんし、

「イッコウ」でも「ニコウ」でも「サンコウ」でも「ゲノマエ」でも

撃墜する事ができました。

上手な子供はいつも「ゲッコウ」、ヘタクソな子供は、万年「イッコウ」です。

万年「イッコウ」の子供は、悔し涙を浮かべながらやっていたなぁ〜

そして、こんな事からも集団生活や協調性を学んでいたかも知れませんね。


あぁ〜〜あ・・・

今日のお掃除は、思い出にふけってしまい殆んど出来なかった・・・


                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 16:32| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 懐かしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
物持ちがいいですね〜。

イッコウ、ニコウ、ゲノマエ、ゲッコウ、ハタキ・・・すっかり忘れていた言葉を思い出しました。ただし、私の育った大野では、ゲッコウはゲッパだったような・・・?

コマの心棒は、よく堅いオンコ(イチイ)の枝の芯ですげ替えて、丈夫にしたものでした。また、紐も布の端切れで自分で編んだものでした・・・・。
Posted by sakag at 2007年12月02日 07:58
ゲッコウ→ゲッパは間違いでした。これなら反対の意味になってしまいますね。
Posted by sakag at 2007年12月02日 08:01
sakagさんへ

整理の基本は捨てる事だと思っているのですが、こういった物はいつまでもあります。
ただ、どこにしまったかが分からなくなってしまい、たまに見つけると思い出に浸ってしまいました。

ゲッコウ、イッコウ、ニコウ・・・やっぱり共通語だったみたいですね。
私の周りだけかと思っていました。
Posted by 黒ウサギ at 2007年12月02日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック