2008年01月02日

夜の五稜郭タワー

元旦の夜、実家へ行った帰りに五稜郭タワーへ寄ってみた。

08121.JPG

いつもは観光客でいっぱいの場所なので、地元の人間はそうそう行く場所じゃありません。

08122.JPG

08124.JPG

流石に元旦です。観光客は誰もいないし、駐車場もがら空きでした。

08126.JPG

下から見上げるタワーは迫力があります。

夜の五稜郭タワーは、いつもライトアップされて綺麗に見えています。

08123.JPG

ところが、だ〜れもいないとなると、なんだか緑色のライトが不気味に感じるのは私だけでしょうかね。

081251.JPG

橋のたもとの木もなんだか・・・

08127.jpg

ここは古戦場なので、人っ子一人いないってのは、良い気持ちにはなれませんでした。


                          人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 09:29| ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
下の函館山の写真、凄くキレイに撮れてますね。
他のも・・・
やっぱり一眼レフって凄いヤツなんですね〜〜。
欲しくなっちゃいました。

山男は、今日は早朝から山に行きました。
生きて帰ってくるのか心配ですが、私はの〜〜んびりしています。

今年も宜しくお願いします。
よねくらさんにも宜しくお伝えください!!
Posted by かな at 2008年01月02日 13:35
かなさんへ

あけましておめでとうございます

コンデジのカメラでも十分だと思っていたんですが、
動いている物や、夜景なんかは一眼の方がやっぱりいいです。
全然使いこなせていないから恥ずかしいですよ。

流石は山男さんですね。
私は新年に入ってから、食っちゃ寝ばかりしていて、
かなり体がなまっている気がします。

よねくらさん・・・旅に出ているみたいで、
ずっと顔を見せていないんですよ〜
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月02日 17:36
確かに静まりかえってますよね

黒ウサギさん 4枚目の写真に写っているタワーののぞき窓の事ご存知でしょうか?
上からのぞき窓で、下を見ると結構迫力ありますよ ※高所恐怖症の方は、止めた方がいいかも知れません^^
Posted by yu at 2008年01月02日 19:01
yuさんへ

はい、タワーが完成した年の春に上りました。
このガラスの板の上にのりましたが、お尻の辺りがムズムズしましたねぇ〜
強度的には全然大丈夫と分かっていても怖かったです。
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月02日 20:45
本当だぁ〜〜〜綺麗だけれど.....ちょっとコワい〜〜〜〜なんか写ってそう.....
Posted by 雪国の年中バイク乗り at 2008年01月02日 23:40
黒ウサギさんへ
もう新年のご挨拶しましたよね。
なんか、誰々に挨拶したのか、していないの解らない状態になります。まだ挨拶しておりませんでしたら、“あけましておめでとうございます”
五稜郭って、今は復興されて、“五稜郭タワー”なんて立ってるのですね。しかもちゃんと五角形。通天閣に似ていますが、こちらの方が洗練されていますね。
五稜郭と言えば、江戸幕府の最後の抵抗の地、戊辰戦争で、旧幕府軍榎本武揚らによって短期間占領された後、新政府軍に平定されましたよね。
わたし、昔っから疑問に思ってたんえすが、
「あの形って、外部からの“攻撃に”耐えれるように設計されているのだろうか」
とづ〜っと疑問です。なんかとても“攻め込み易い”形のようなきがします。設計を担当したのは、洋式軍学者の武田斐三郎氏らしいですが……。まあ、軍事的な現場知識の無いわたしからすれば、長年の疑問の一つです、最初に中学校くらいでならってからの、未だに疑問のひとつですね。
観光地としたら、良いデザインだと思います。
Posted by 阿頼王 at 2008年01月03日 05:54
雪国の年中バイク乗りさんへ

そうですよ〜何か写っているかも知れません。
ここではいろんな怪奇現象がありましたから。
夏になったらお話しましょうかね・・・
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月03日 10:58
阿頼王さんへ

まずは、あけましておめでとうございます

この五稜郭タワーは去年建て替えられ、函館市民にはまだそんなに愛着がない建物かもしれません。旧五稜郭タワーは私が子供の頃からあって、それなりに親しみがありました。高さは旧タワーが約60mで現在のタワーは約100mとなり、展望台からは五稜郭の星型をはっきりと確認できますよ。

星型城郭についてですが、私の知る限りでは大砲が発達した函館戦争当時では、使い物にならなかったと記憶しています。本来は星型の凸部分に銃や槍をかまえ、そうすることにより死角をなくして城を守るはず?大砲があれば、そんな物を飛び越して直接本丸へ砲弾を撃ち込めますからね。

それはさておき、市内にこんな星型の城郭跡がある町も珍しいと思いますね〜
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月03日 11:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75992713

この記事へのトラックバック