2008年01月16日

根雪にはチェーン

これだけ寒い日が続くと、比較的暖かい道南地方とはいえ、雪が融けてくれません。

国道などは除雪もしてくれるし、融雪剤もまかれるので走り易いのですが、
我が家の周りや枝道には融けない雪がどんどん層をなして溜まってきます。
いわゆる根雪です。

厚く積もった雪が凍りつき、その上にパウダースノーなんかが載ったような路面だと、タイヤはグリップを失ってしまいます。

幸い今シーズンはまだ未転倒ですが、この路面だとちょっとした事で転倒につながりそうです。

やっぱり根雪にはチェーンでしょうね。

08 1 16.jpg

チェーンを履けば硬い圧雪にもグイグイ食い込んで走ってくれます。

欠点はタイヤの転がり抵抗が増えてスピードが落ちる事と燃費の悪化でしょう。

でもね〜背に腹は代えられませんから、そろそろチェーンを装着しようかなぁ〜


                          人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:03| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もK125を結局前後ともチェーンにしました〜〜トータル的にはチェーンが一番安心かもしれません〜〜〜♪
Posted by 雪国の年中バイク乗り at 2008年01月16日 18:39
雪国の年中バイク乗りさんへ

チェーンは路面変化に対応しきれないのであまり好きじゃないんですよ〜
でも、今年の函館はそうも言ってられないみたいです。
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月16日 22:54
私の愛車、暖気運転をしてるとエンジンが止まってしまいます。その後、全然かかりません。プラグをはずしてみると、まっ黒!かぶっちゃってる。毎回こうだと朝もいそがしいのでこまっちゃうな〜!長くアイドリングしてるとこの寒さでなかなか自動チョークがもどらないんです。もしかしたらそのせいですかね?あまり暖気しない方がいいのでしょうか?ご指導お願いします。
Posted by マモッチ at 2008年01月17日 20:22
マモッチさんへ

こりゃまた嫌な現象ですね。
出勤前にエンジンが止っちゃうと焦りますしね。
私の分かる範囲で答えさせていただくと、マモッチさんの乗っているのはスクーターですから、普通のバイクとはチョークの機能が違うはずです。
要するに点火時期を早めてガスの着火性を上げているはずで、一般的なバイクのようにガスを濃くしているわけではありません。メイトだとチョークを2分ほどかけて10分ぐらい暖機運転後走行します。今の寒さだと最低でも3分ぐらいの暖気は欲しいですね〜。3分の暖気でかぶらなければそのまま走ってみるのも手かも知れませんし、チョークのシステム自体に故障があるのかも知れませんね。
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月17日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78753219

この記事へのトラックバック