2008年01月20日

童友社のプラモ

こうも毎日寒い日が続くと、ついつい引き篭りがちになってしまいます。
そんな時はプラモデルです。

一気に作ろうとは思いませんから、時間が出来て気分が乗ったら少しずつ作ったりします。

さて、何を作ろうかな?

我が家には沢山の手付かずのプラモがあるので、それを作ろうかとも思ったり、たまには変な?プラモでも作ってみようかとも思ったり。

変なプラモと言えば、『童友社』さんというプラモメーカーがあるのです。

この会社は実にユニークで、タミヤ、長谷川ってなメーカーだと、普通の人が普通に想像できる製品を作っているのですが、童友社というメーカーは他には無いものばかりを作っている。

たとえば、お城シリーズ。

08 1 201.jpg

08 1 202.jpg

日本の名刀シリーズ。

08 1 206.jpg

08 1 207.jpg

そして日本の伝統美ミニチュア庭園シリーズ

08 1 203.jpg

日光東照宮の陽明門まである。

08 1 205.jpg

甲冑シリーズ。

08 1 2010.jpg

扇風機シリーズってのもある。

08 1 208.jpg

極め付けが、水木しげる妖怪シリーズ。

08 1 2091.jpg

08 1 2011.jpg

我が家のノイシュバンシュタイン城ももちろん童友社です。

08 1 2092.jpg

タミヤや長谷川、そして私がよく買うピットロードと色んなプラモメーカーがありますが、童友社には『我道を行く』路線でこれからもユニークなプラモを作り続けて欲しいですね。


                         人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:26| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒ウサギさんへ
『童友社』さんの“日本の名城シリーズ”は玩具やさんで見たことがあります。“扇風機シリーズ”って……。おお、我が敬愛する水木大先生の“妖怪系図”ってあるんですね。水木先生のは、お菓子のオマケと言うか、オマケがメインのお菓子とか、時々出てますね。
『童友社』って、社名自体が、もうプラモメーカーと思えないですね。なんか“出版社”のような社名です。
面白い会社ですね。「他人とは違うことをしよう」と言う精神は評価できます。でも、これって売れてるのかなぁ……ってのが気になりますね。
でも、今の時代には向いている会社かもデス。
これからは“ニッチ”な品物を売るのに適した環境になる……と言うか、なっていると言われています。
『童友社』さん、ネット販売向きです。外国向けに良いかもですね。でも、手先の不器用な国が多いから……完成品として売った方が良いかもです。
Posted by 阿頼王 at 2008年01月21日 06:37
こんにちわレイです

ホントにマニア御用達の会社ですね(笑)。
でも、扇風機はちょっとそそられるかも。
動くのであれば、夏のオフィスに欲しい一品です。
Posted by レイ at 2008年01月21日 11:01
阿頼王さんへ

このメーカーは輸出もしていますから、サムライソードシリーズは売れているかも知れませんね。
それにお城シリーズは隠れたベストセラーみたいで、ロングセール中です。
ゼロ戦や戦艦、空母物なども出してはいますが、タミヤにはかなわないですね〜
でも、敵がいない商品だと顧客を独占できますから強いですよ。

メーカーは忘れましたが、市電シリーズという函館等を走るチンチン電車ばかり扱ったメーカーもあり、童友社同様、他とは違う商品を出しているメーカーはそれなりに生き延びているようです。
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月21日 19:44
レイさんへ

扇風機シリーズは良いですよ〜
本当に使えるし実用的です。
お城シリーズはゴジラのジオラマベースになるかも知れませんね。
この会社の商品は、何となくワクワクするんです。
スケールが合うのでザクとも合いますよ〜
Posted by 黒ウサギ at 2008年01月21日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック