2008年02月14日

13日は猛吹雪

しばらく落ち着いた天気だったのに、昨日はうって変わった猛吹雪。

ku1.jpg

日中もマイナス5℃から気温が上がりません。

降雪量はそれほどでもありませんが、路面は真っ白になってしまいました。

こんな日が一番ヤバイ。

幹線道路は良いとしても、枝道は一昨日までの温かさのため、凍った路面の上に真っ白な雪が積もった状態なので路面の起伏が全くわかりません。ですから、いい気で飛ばすと必ず転倒・・・いえ、いい気にならなくても転ぶ確率が大なのです。

転ばない方法は徐行運転しかありません。

15kmぐらいの速度なら、いきなり外乱が出ても足を付いたり、四点支持転倒回避法が十分に使えます。

そして一番大切なのが周りの車の動向の把握でしょう。

よく言われる事かも知れませんが、私は最低でも自分の前とその前、そして左右、最後にうしろ。合計5台の車に目を光らせ走っています。今日のような吹雪の日は、いきなり飛び出してくる車があるかも知れないので、更に斜め左右と斜め後ろ左右、そして後ろの後ろ、合計10台+対向車すべて。

これだけ注意して走るのはB−17や零戦のパイロットなみ?の注意力が必要となってきます。

もちろんそんなに注意して長時間走れるわけはないので、30分も走れば神経はボロボロ。

こんな日は、通勤以外でバイクに乗りたくありません。

ku2.jpg

そして22:00を回っての帰り道、30年近くバイクに乗って初めてヘルメットのシールドの内側がすべて凍りついた。

シールドの表面や内側が曇って少し凍ると言う事は何度か経験しましたが、すべてが凍りついたのは今回初めて。

視界が最悪なので最々徐行で帰ってきました。 

それほど昨日は寒かったと言う事でしょう。

このお天気、14日のお昼まで続くそうです。

14日も気をつけて行きましょう。


                          人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:06| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

今年2度目の爆弾低気圧ですかね?
函館も酷いようですね。


札幌も酷いです。
今の現場は街中なんですが、あれだけビルがあるのにそれでも強風と吹雪がかなりなもんです。

>合計10台+対向車すべて。
私も関東にいるときには、すり抜け時に同じような
感じで走ってました。

いきなりウインカー無しで曲がる人や、後部ドアを
開ける人等など、いろんなトラップがありましたねー。
Posted by R J at 2008年02月14日 06:27
RJさんへ

函館は真冬日が続いていたとはいえ、
雪が少ないのですっかり油断していました。
こんな日は一日中家に居たいんですが、そうもいきませんね。

函館もマナーが悪いドライバーが多いので嫌になってしまう事がよくあるんです。
その上この天気でしょ〜
今日も神経をすり減らしての走行になりそうです。
Posted by 黒ウサギ at 2008年02月14日 07:37
こんにちわレイです

ついにきました爆弾低気圧ですね。
折角、暖かい日が続き、雪も解け始めた
頃にやってくるこのタイミングは、まさに
時限爆弾ですね。車もバイクも気を付けて
運転しないとダメですね〜。
Posted by レイ at 2008年02月14日 11:25
せっかく雪が溶けてきたのに、また逆戻りですね。
自分は5年前から函館に住み始めましたがドライバーのマナーの悪さに始めは驚きを隠せませんでした。
こんな日は出かけたくないですね(笑)
Posted by ヒューマ at 2008年02月14日 19:22
レイさんへ

今日も無事帰宅しました。
また真冬に逆戻りし、暖気が来て雪が融ける。
この季節は『すごろく』の振り出しに戻る状態が繰り返されます。
まだ一ヵ月半は遠出出来ないでしょうね〜
Posted by 黒ウサギ at 2008年02月14日 23:08
ヒューマさんへ

やっぱりマナーが悪いと思いますか〜
函館ルールでは黄色信号はもちろん「進め」赤になっても3秒くらいは「進め」だし、
ウインカーなしの進路変更あたり前、2車線を平気で1車線にして客待ちするタクシー
書いたらキリがありませんね〜

ですからいつも言うんです。
「一人で山の中を走る危険より、街中を走る方がよっぽど危ないって」
Posted by 黒ウサギ at 2008年02月14日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83909420

この記事へのトラックバック