2008年05月20日

タンデムで林道3

どうやら峠は越したようで、多少のアップダウンはあるものの松前側へ近づいた様子。

08 5 20 1.jpg

林道脇の沢の水が水量を増しているのもその証拠でしょう。

峠付近のガレ場以外はフラットな林道、もしくは舗装路なので走り易いし、途中の橋はみんな立派で完成して然程時間が経ってないと思われます。

08 5 20 2.jpg

何度かバイクを停めて橋の上から川を覗いて見ますが、魚影はありませんでした。

特に景色の良い場所で小休止しようとしても、例によってブヨ軍団の攻撃に遭い、あずましくないのですぐに退散。

08 5 20 3.jpg

その後も舗装路が何度か現われ、なんだか林道感のない林道です。

08 5 20 4.jpg

下りもそろそろ終わりに近づいたようで路面の勾配が無くなってきました。

08 5 20 5.jpg

と思ったら、正面にオバちゃんが見えて松前温泉横に出た。

08 5 20 6.jpg
流石は松前、まだ桜が咲いています。

08 5 20 7.jpg
松前温泉

ここから1kmほどで国道228号線大沢地区到着。

今回初めて走った林道でしたが、頂上付近のちょっとしたガレ場を除けば乗用車でも楽に走れる立派な林道でした。

ちなみにプーさんの落し物も二箇所あったので、立派な林道とはいえ、それなりの用意は必要ですね。



                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:06| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

タンデムで林道4

国道228号線へ出て白神岬方向へバイクを走らせます。

つまり函館方向へもどるわけ。

約3km走って荒谷地区へ到着。

08 5 21 1.jpg

ここから林道へ入ります。

08 5 21 2.jpg

小さな集落なので林道は一本のみ、間違うことはありません。

林道はごく普通の路面状況で、スズキノ沢川と送電線が林道と平行して伸びている。

08 5 21 3.jpg

画面では分かりづらいかもしれませんが、左上には旧松前線の跡が見えています。

ドンゲ(イタドリ)もかなり伸び道幅は一車線丁度、時々ハンドルにドンゲが当たる。

林道の勾配がきつくなってきた。

今回この林道に入った目的は、この先にある白神岳なのです。

高さは352.4mで函館山と同じような高さですね。

林道頂上の吉岡峠は分かれ道になっており、右折してすぐに現われるT字路をまた右折、あとは白神岳まで一本道。

08 5 21 40.jpg

正面に白神岳が見えてきました。

目の前に頂上があるけど、路面の砕石が大きくて走りづらい・・・

08 5 21 41.jpg

アンテナ保守用道路終点まで到着。

ほぼ山頂です。

折角来たんですから山頂まで行ってみましょう。

とはいえ、ここから約20mばかり歩くだけで山頂なんで・・・

08 5 21 42.jpg

三角点発見、ここが白神岳山頂のようです。

すこし靄(モヤ)がかかっていましたが、景色はなかなかのもの。

08 5 21 5.jpg

津軽海峡側。

08 5 21 7.jpg

日本海側(アンテナの立つ向かいの山は天狗山です)

08 5 21 43.jpg

大千軒岳側はアンテナが邪魔。

08 5 21 00.jpg


それはそうと、お腹が空いてきた・・・

時計を見ればお昼をかなり回っている。

景色も良いし、ここでお昼ごはんを食べる事にします。

持参したおにぎりとタレ付きラムが今日のお昼ごはんです。

08 5 21 8.jpg

美味しかったので写真を撮るのを忘れてしまい、最後のラム2切れのみ撮影。

お腹も一杯になったし、食休みしましょう。



                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:08| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

タンデムで林道5

昼食も終わり、そろそろ白神岳を後にしましょうか。

下りは福島町松浦地区へ向かうコースで下山開始。

まだ木々の葉は出揃っていないものの鬱蒼とした林道の中を走ります。

夏場なら昼尚暗い林道で少し不気味かも・・・

それでも距離はほんの数キロで、あっという間に松浦地区到着。

08 5 22 1.jpg

ここから白神岳へ向かう場合は、画像の新山商店とその奥の倉庫の間を入ります。

初めてならちょっと分りづらいかもしれません。

この辺りは白神岬回りの道が無かった時代に使われた、多くの山越えルートがあるようで、調べればまだまだ知らない旧道を見つけられるかも? もう少し白神岳界隈の旧道(白神山道)について知りたい方はsakagさんのHPに載っていますからご覧下さい。

08 5 22 2.jpg

いつもは東映のオープニングみたいに飛沫がかかっている白神岬も今日は鏡のようなベタ凪。


またバイクを松前方向へ走らせて次の目標、松前町にある標高274.2mの御髪(ぐし)山へ向かいます。

ここも頂上まで林道が通っていますから、妻を乗せていても楽勝でしょう。

08 5 22 3.jpg

まずは国道228号線から松前高校へ至る道に入り、あとは道なりに走れば良いだけ。

楽勝だなんて思っていたけど、これがとんでもないガレた急勾配。

一人ならそれなりに走れるけど、バラストになる妻が乗っているので、チョイ大変。

まあ、距離は2〜300mの区間のみで、その箇所だけ緊張して走れば大丈夫でした。

08 5 22 4.jpg

頂上到着。

08 5 22 5.jpg

相変わらずモヤがかかっていて見通しが良くありません。

晴れていれば松前大島や小島まで見ることができ、なかなかの絶景のはずなのですが・・・

白神岳の景色を見た後だけに、ゆっくりする気にもなれず早々に山を下ります。

ここまでの走行距離は130kmほど・・・まだ予定走行距離の半分。

お昼もかなり回ってしまったし、先を急ぎましょう。



                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:03| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

タンデムで林道6

御髪(ぐし)山を下山して松前町から江差町へTWを走らせます。

この道は私の大好きな道で、天気も快晴で言うことなし。

途中ガソリンが心細くなったので、石崎のGSでガソリン給油。

リッター161円・・・市内のセルフだと152円だったはず・・・

TWには5Lのガソリンが入り、ここまでの走行距離は163km。

燃費は32.6km、タンデムで林道を走ってこの燃費なら悪くないでしょ。

気持ち良い海岸線を走り江差へ到着。

江差の道の駅ほぼ正面にある道に入り、少し走ると沢山の風力発電用の風車が見えてきます。

ここが元山風力発電施設で、この沢山の風車を見るのが目的でした。

道は発電用風車のすぐ近くまで舗装路されており、ドライブの寄り道にももってこいでしょう。

08 5 23 1.jpg

なかなか壮観な景色です。

道の脇には風力で作られた電気を送る送電線が張られ、風車一基あたりの発電能力は750kwhだとか?我が家の電気使用量は多くて一ヶ月300kwhですから、この風車が一時間に起こす電力は、我が家の2.5ヶ月分に当たる訳です。
まあ、風車が定格で回っていればの話ですが・・・

08 5 23 2.jpg

風車群の中へ入ると路面はフラットなダート。

この程度ならロードバイクでも十分に走れます。

風車を数えてみると28基あり、回っているもの止まっているものとさまざま。

08 5 23 3.jpg

一番奥に送電施設があり、ここから作られた電気を送っているみたいです。

この風車群を見るだけなら楽しいし見ごたえもあるけど、風車を建設するにあたり、例によって色々な利害関係があって人間界の魑魅魍魎が行脚したという話を耳にしますが・・・

今度来た時は、風車を上から見下ろせる、元山山頂から見てみましょうかね。

08 5 23 4.jpg

今日はタンデムという事もあり、いつも以上のスローペースで時間をかなり使ってしまいました。

もう一箇所行きたいところですが、太陽も西に傾き出したので、今日はこれでおしまい。

『ちびまる子ちゃん』が始まるまでに我が家へ帰りましょう。



                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:04| ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

初夏のアヤメ湿原

二年ぶりにアヤメ湿原へ行く事にした。

08 6 30 1.jpg

いつものように赤川林道経由でアヤメ湿原へ向うコースです。

赤川林道に入り、すぐに右折して最短ルートを取ります。

08 6 30 2.jpg

この場所の渡河も2年ぶり。

08 6 30 3.jpg

水量も少なく楽に渡河終了。

今日は日曜日、それにしても車やオフロードバイクが多い。

08 6 30 4.jpg

いつもは廃道やら秘境っぽい場所ばかり走っているせいか、日曜日にメジャーな林道を走ると、こんなに沢山の車両に会うのかと少し驚いてしまった。街中同様、ここでは出会い頭の交通事故の方が危険かも知れないのでゆっくりと走りましょう。

08 6 30 5.jpg

以前は無かった袴腰岳の案内標識も新設されていた。

08 6 30 7.jpg

ネマガリダケもすっかり伸びてしまっている。

08 6 30 6.jpg

08 6 30 8.jpg

途中、寅の沢林道にちょっと入り『城岱の沼』でも見ようと思ったが、場所を忘れてしまい、ちょっとうろついた。

ヤブ漕ぎを200mほどしないと『城岱の沼』は見れません。ここかな?と当たりを付けてヤブに入る。ダニだらけ・・・刺すダニではないが赤いダニで名前は『タカラダニ』このダニはすぐに増えるので、我が家へお持ち帰りでもしたら大変です。

やっぱり早春の頃に来る事にして今回は諦めます。

08 6 30 9.jpg

アヤメ湿原へのコースに戻り、写真を撮っていると、またオフロードバイクが通り過ぎる。

本当に沢山走っているんですねェ〜


とか何とか言っているうちにアヤメ湿原到着。

08 6 31 1.jpg

08 6 31 2.jpg

看板も新設され立派になっています。

08 6 31 3.jpg

アヤメ湿原に咲くハナショウブは咲いてなかった。

08 6 31 4.jpg

エゾカンゾウが所々に咲く程度。

08 6 31 5.jpg

カモさんがのんびりしています。

ここで大休止、私ものんびりしましょう。


今日のお目当ては『アヤメ湿原』なわけですが、この先は大船左股林道へ出て、大船松倉林道に合流、そして帰るだけのコースです。なんだかつまらない。

それで『アヤメ湿原』少し手前の林道へ入って見る事にします。この林道は、確か?水の沢林道の出口のはずなので、大船松倉林道のかなり函館寄りの場所へ抜けられるはずなんです。でもね、私が抜けたのは今から20年前です。今は廃道?かもしれません。

08 6 31 6.jpg

距離にして5kmのはずですから、まずは入ってみましょう。



                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 08:41| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

初夏のアヤメ湿原2

さて、水の沢林道と思われる林道へ入ってみます。

08 7 1 1.jpg

最初の200mほどは順調に走れましたが、このまま最後まで行けるとは全く思っていません。案の定、300mで林道右側に深い溝が入っている。

08 7 1 2.jpg

路面は多少ガレてはいるものの、まだまだ走行可能の状態。

08 7 1 3.jpg

500m地点からフキと笹が路面を覆い始めてきた。

これでもまだ大丈夫。

かすかでも、これからタイヤが通る場所を確認できれば問題ありません。

と、思っていたら、今度はクモの巣がいくつも林道にかかっていて、その中へ突っ込んでしまった。私もバイクもクモの巣だらけ、一旦バイクを停車させてクモの巣の除去作業。

クモの巣の除去を終え、更に前進します。

こりゃ、完全に廃道のようです。

林道を良く見ると、地上30cmあたりでは一車線分は確保されているものの、全く林道を整備していない為、ネマガリダケが覆いかぶさっています。私の目線では0,2車線です。雑草も繁茂しているので更に走りづらい。

08 7 1 10.jpg

偉そうな事を言わせてもらえば、このぐらいの路面で撤退しているようでは「金花湯」入湯は叶いませんでした。もちろん度胸だけの無謀な走行はもっての外です。下調べと準備を怠ってはいけません。なにげに入ったように書いたこの林道(廃道)でさえ、どれほど自宅で地図とにらめっこをしたでしょう。そして、これが水の沢林道ならば、もう少し先に直角に曲がる地点が現れるはずです。

08 7 1 4.jpg

案の定、直角カーブが出現しました。そして、そこだけ広くなっていた。

この先から道が開けてくれるといいのですが・・・

08 7 1 5.jpg

やっぱり開けてなかった・・・

こういった廃道での私なりの前進か撤退かの定義ですが、「タイヤ一本分でも路面が見える事」この一点です。いくらフキなどのやわらかい雑草(山菜)でも路面状況が判らなければ、どんな危険が待ち構えているか分かりませんからね。

08 7 1 6.jpg

廃道1.5km地点、こりゃまた特大のプーさんの落し物発見。

ここのプーさん、かなり大きそうです。

08 7 1 7.jpg

この場所は殆ど人が入っていないと思われますから、プーさんにはハイウェーのように歩きやすい場所でしょう。林道は更に荒れて、かすかに見える路面には朽ち果てた倒木がいきなり現れます。

08 7 1 9.jpg

2km地点、またもやプーさんの落し物発見。

クンクン・・・プーさんは大丈夫・・・近くにはいない様子。

大船松倉林道から入る水の沢林道は、約2km地点までは整備されているはず。

そこへ合流するには、あと1kmも走れば良いはずなのですが・・・

08 7 1 8.jpg

2.2km地点、こりゃ〜完全に廃道です。

こういった廃道も、草の生えていない早春なら全く問題ないのですが、そろそろ撤退を考え始めました。あと1kmで道が良くなるはず?なのですが・・・

路面はフキやヨモギ、そして沢山のウドで覆いつくされている。

08 7 1 91.jpg

路面が完全に見えなくなってしまった。

残念ながらここまで・・・撤退です。



                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:03| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

初夏のアヤメ湿原3

今時期の水の沢林道(廃道)は、大船松倉林道へ抜けられない事が分かった。

そうと分かれば、とっとと戻りましょう。

撤退は途中でのデジカメ撮影もないので、あっという間にアヤメ湿原に到着です。

一旦バイクを停めて、あちらこちらに付いた雑草を払い落す。


さて、出発しましょう。

08 7 2 1.jpg

大船左股林道との合流点到着。

大沼方向へ向かう林道にはピンクのテープが張られており、そのテープが路面に下ろされていました。工事中のようですが、日曜日の為、工事が無く通行可能のようです。現在時刻は16:00過ぎ、大沼経由では時間がかかりそうなので、大船松倉林道へ出て帰りますかね。

08 7 2 2.jpg

万畳敷入り口到着。

やっぱりちょっと寄り道する事にしましょう。

08 7 2 3.jpg

実は、万畳敷を訪れるのは十数年ぶりなのです。

以前、ここの直線をいい気になって走っていたら、横からプーさんが出てきて急ブレーキ。その距離10m弱でプーさん仁王立ち、しばし睨み合いが続いたという一件以来、あまり訪れる気がしなかった場所なのです。

08 7 2 4.jpg

それはさておき、相変わらず見事な直線の林道です。

08 7 2 5.jpg

08 7 2 6.jpg

08 7 2 51.jpg

林道沿いには、昔の南茅部の磯谷発電所から函館(亀田)まで伸びていた亀田送電線の電信柱が十数本立ち並び、当時の面影が残されている。現在では昆布の森植林事業が行われ、数十年後には豊かな森になることでしょう。

08 7 2 7.jpg

この林道は行き止まりのピストン林道なので、今回は終点手前にある泣面山登山口で引き返す事にします。

08 7 2 8.jpg

泣面山が見えてきた。南茅部の漁師さん達は、この山を見て天候を知ると聞いた事があります。そんな南茅部の人達に親しまれてきた山なのに、一昔前までは登山道が無く、登る人もいない山だったそうです。

08 7 2 9.jpg

08 7 2 92.jpg

登山道到着、現在は立派な登山道と標識が立てられています。

そろそろ帰りましょう。


万畳敷を後して、国道のような?大船松倉林道を走って帰るだけ。

08 7 2 93.jpg

大船松倉林道を函館方向へ走らせていたら、路面の真ん中にオイルのような長いシミがずっと付いていた。なんでしょう?最初は車がオイル漏れを起こしながら走っていると思ったが、何kmにもわたって付いている。こんなに車からオイルが出るはずもなでしょう。何かの目印なのかな?・・・そうとも思えません。退屈な大船松倉林道を走りながらずっと考えていた。それで、もしかしたら新手の不法投棄の一種じゃなかろうか?というのが私の考え。廃油を少しずつ林道に垂らしながら捨てているのではないのかな?間違っていたらごめんなさい。

08 7 2 94.jpg

そんな事を考えているうちに大船松倉林道も終了。

林道走行距離は約75kmでした。

まだ『ちびまる子ちゃん』に間に合いそうです。


                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:00| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

残念

連休なので朝5時に起きて、とある秘湖を目指しました。

函館市内はどんよりとした曇り空、しばらく走れば晴れてくると思ったら、正反対に雨が降り出してきた。

08 7 20.jpg

林道入り口まで来ても雨は降り止みません。

残念ながら今日はこれにて終了です。



                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 07:59| 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

近場を散歩

21日は野暮用があったので半日だけ近場の野山を散歩してきました。

まずは、先日お話した幸連沼へ行ってみましょうか。

08 7 23 1.jpg

大体の位置は分かっていたが、ちょっと行き過ぎて札苅駅まで来てしまいました。国道228号線を数百mほど函館方向へ戻ります。

08 7 23 2.jpg

どうやらここから入るみたいです。

08 7 23 3.jpg

途中、地蔵堂があった。

08 7 23 4.jpg

08 7 23 23 1.jpg

案内板にはこんな事が書かれており、なるほど立派な杉です。

ここでヘルメットのシールドに付いた虫を取って、お地蔵様へお賽銭をあげた。

08 7 23 5.jpg

橋の上で林道走行準備にかかりますが、その間中アブが五月蝿く飛び回っていてあずましくありません。ブ〜ン・ブ〜ンと飛び回るアブ、いつの間にか季節は真夏になったんですね。

地図ではこの先にも民家があり、その民家の間が幸連沼への林道になるはず。

08 7 23 6.jpg

北海道新幹線建設予定地があった・・・つまり、この界隈の人は土地を売って(買ってもらって)小金持ちになった方々がいらっしゃるという事でしょうかね。

08 7 23 7.jpg

この辺りが幸連沼入り口だと思うのですが、民家の敷地内を通らなければ沼にはたどり着けない様子。断りも無く人様の土地を通るわけにはいかないので、一応、ご挨拶してから入ろうと思ったら不在です。

黙って入るほど神経が太くないので止めました。

なんだか幸先の悪いスタートです。


08 7 23 9.jpg

一旦、国道228号線へ出てから泉沢の裏手にある立派な農道を函館方向へ走ります。

1km程走って二乃岱という集落から林道へ入る。

08 7 23 91.jpg

ここは以前から何となく気になっていたんです。

真っ直ぐ走ると富山という小高い丘のような山に登れるはずなんです。

08 7 23 92.jpg

廃屋・・・なかなか味のあるたたずまい・・・

08 7 23 93.jpg

その先の林道は、道の真ん中にアヤメが咲いてるので、しばらく誰も走っていない様子。

08 7 23 95.jpg

見事な廃道、約1kmで行き止まり。

一番高い所は杉林で見通しも全くききませんでした。

2連発でスカ・・・二度ある事は三度ありますが、つぎ行ってみましょう。


                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 19:55| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

近場を散歩2

続きまして、農道から枕木山荘への道に入ります。

tika2.jpg

枕木山荘とは国道228号線から5kmほど入ったところにある霊泉の温泉宿。

その手前にも気になっていた所がありまして、

tikaba1.jpg

まずはこの地図を見て下さい。

伊勢鉢山という山があるでしょう。

林道もついているようなので、もしかしたらバイクで行けるかも知れないと思っていたんです。高さも265mある山なので、行ければ行ってみたかった。

この辺りのわき道から入ってみましょう。

tika3.jpg

入った途端、もの凄い傾斜の坂道です。

画像ではよく分からないでしょうが、傾斜にして20度〜25度ぐらいはありそうな感じ。距離は50mほどですが、登る自信はありません。

自信はないのですが、私ヒルクライムが大好きで下見せずに登ってしまいました。半分ほど登ってすぐに“ダメだ”と思った。昔は何度もヒルクライム遊びをしていましたから、その勘が今でも生きているようです。

tika4.jpg

tika5.jpg

案の定、あと5mというところで停止。仕方が無いので、向きを変えて下まで下ります。やる気で登れば登れそうな気がしますが、どうやらここは伊勢鉢山への林道とは違う感じがする。

tika6.jpg

歩いてその坂の上を見に行ったら、やっぱり行き止まりで、ただの貯水施設だった。

振り出しに戻って、わき道を探します。

tika7.jpg

これが臭い・・・

tika08.jpg

あたりは野生のアジサイだらけ・・・

tika8.jpg

入ってみると、地形図の林道と同じ軌跡を辿っているので、どうやらここに間違いなさそう。ちょっと停まって地図を見るとアブの五月蝿いこと・・・

廃道ではありますが、順調にTWは前進中。

あれ・・・あらら・・・

tika9.jpg

いきなり沢地形にぶつかって、その沢を渡る小さな橋が落ちている。

う〜む、TL200やTLM(トライアル用の蚊トンボみたいな軽いバイク)なら何とかなりそうですが、鈍重なTWは無理です。

また引き返しとなりました。

さて、お次・・・

最初の地図を見ると、伊勢鉢山の右手に沼が見えているでしょう。

この沼、幸連沼よりずっと大きいし、もしかしたら魚もいるかもしれません。

この入り口の沢を見つけて、行けそうだったら行ってみるのも今日の目的なんです。

tika01.jpg

tika02.jpg

一旦国道228へ出て、大釜谷川の林道へ

tika03.jpg

すぐに沢の分岐が見つかりました。

地図では、林道から少しヤブ漕ぎをしなければいけないと思っていたけど、釣り人がつけた車の踏み跡が立派に残っていたので簡単に到着。

tika04.jpg

沢に下りてみると、ヤマメが驚いて逃げ出しています。

小さな川なので魚も小さめですが・・・

tika05.jpg

この枝沢が名も無い沼の玄関口だと思われます。

距離にして1.5km程度でしょうかね。

私の周りにアブに混ざってキイロスズメバチも来てしまった。

今まで2度スズメバチに刺されているので、次に刺されたらショック症状(アナヒラキシーショック)を起こしてしまうかもしれない私なので、下見だけで終わり。

後は帰るだけ・・・それではつまらない。

tika06.jpg

大釜谷林道は行き止まりのピストン林道ですが、一応奥まで行って見ます。

道はすこぶる良好です。

約7km地点で林道は終わりのはずでしたが、伐採用の林道が続いている。

tika07.jpg

この先はもちろん行き止まりでしょう。

帰り道左手はトラピスト修道院のそばにある丸山。

今日はなんだか、天気同様、パッとしません・・・

このまま帰ろうと思ったけど、釜の仙境でも見てから帰りましょうか。


                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 11:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

近場を散歩3

今日は何処へ行っても中途半端、最後の締めに上磯ダムの奥にある釜の仙境へ行ってみる事にしましょう。

ダム湖はかなり渇水している・・・(現在は23日の大雨で十分な水量だと思われます)

釜の仙境は、林道から遊歩道が続いており、そこを下って沢に出ます。

そこはまさに仙人が住んでいるような場所でして、仙境と言う名にふさわしい場所であります。

上磯ダムを過ぎ、約5km地点が釜の仙境入口です。

4km地点までは順調に進んでいましたが、なにやら道の先で重機の音が聞こえてきた。

08 7 24 1.jpg

やっぱり・・・がけ崩れで通行止め。

今日は何処へ行ってもダメみたい・・・

08 7 24 2.jpg

仕方がないから、上磯ダム湖上流の川原で少しだけ遊んだ。

08 7 24 4.jpg

ここは砂地なのでTW本来の走りが楽しめる“稀”な場所で、メイト80では全く走れない。こんなに太いタイヤのTWですが、このタイヤの性能を生かせたのは、全走行距離の0.1%もあるでしょうか?

08 7 24 5.jpg

今日の野山は全て不発で終わり・・・しばらくここで遊んでから帰ったのでした。



                            人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 18:51| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

TWで木地挽高原

先々週の日曜日、木地挽高原へ行ってた事を書き忘れていた。

前々回は車で木地挽高原へ行き、ゲートの閉門時間のために引き返していたんです。

今回はTWの後ろに妻を乗せ、その先を見に行く事にしました。

08 8 28 1.jpg

途中は省いて、まずは噴火湾パノラマ展望台からご紹介しましょう。

08 8 28 2.jpg

08 8 28 3.jpg

景色も天気も良く、気持ちの良いミニツーリングを楽しめます。

08 8 28 4.jpg

前回はここで引き返していました。

08 8 28 5.jpg

地図では舗装路が途切れることなく国道227号線へ抜けられるはず。

08 8 28 6.jpg

088287.jpg

当時は(20年前)山深く、林道も廃道状態の上、プーさんの落し物やら足跡だらけで怖い場所でした。良いのか悪いのか?今ではすっかり山が切り開かれて牧場となり、気持ちよい高原道路になっています。

088288.jpg

しばらく走ると、道幅が少しだけ狭くなって下り坂になります。

そろそろ出口が近づいて来たみたい。

ここが出口か・・・なるほど・・・

088289.jpg

函館界隈の方しか分からないと思いますが、イルカのラジコンサーキットのチョイ手前に出るんですね〜

木地挽高原に興味が無かったので、舗装化されてかなり時間が経っていたのに全く知らない道でした。



                                   人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:04| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

秋の七輪焼肉ツーリング

晴れたら今度の日曜日、妻を乗せて七輪焼肉ツーリングをしようと計画した。

コースは、『函館→福島町千軒→知内川の川原で焼肉→松前→上ノ国→函館』

朝10時頃に出発すれば、丁度お昼に千軒へ到着して焼肉タイムになる。

そして日が暮れる前には函館到着予定。

そうなると、この時期は寒さ対策が必要になってきます。

今年はタンスの肥やしの予定だった革パンを履くつもりなのですが・・・

08 10 2.jpg

履いてみたら、ちょっとキツイ・・・

焼肉をお腹いっぱい食べたらどうなるんでしょう?

寒いのは嫌なので革パン穿いて天気が良ければ行ってみます。


                                   人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 15:50| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

秋の七輪ツーリング

昨日の日曜日は天気も良く、妻を乗せて七輪ツーリングに行って来ました。

予定ではこんな感じを予定していたけど、妻に用事があったりして厚沢部町鶉(うずら)川の川原で焼肉をすることにしました。

08 10 61.JPG

まずは道の駅へ寄って・・・

08 10 6 1.JPG

鶉川の誰もいない川原へ到着。

08 10 6 5.JPG

早速準備に取り掛かります。

08 10 6 2.JPG

08 10 6 3.JPG

今回のメニューは、カルビー・タン塩・焼き鳥・ウインナーと野菜。

08 10 6 4.JPG

お腹一杯食べて、食後はマッタリ・・・

08 10 6 6.JPG

道中ヒマワリ畑もまだあったりして、まずまずの七輪ツーリングでした。


                           人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 07:58| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

アルポンツーリング

昨日は天気も良く絶好のツーリング日和でした。

野暮用もないしチョット野山に出かけようと思ったけど、そうすると妻がお留守番となるわけで少し考えた。妥協点として、八雲町にあるスイス料理の専門店『アルポン』へ行き、妻にはお昼ご飯、私は八雲町の野山と遊楽部川を遡るシャケ見物、そして帰り道は大沼公園の紅葉狩りという事でツーリングに行くことにしました。

まずは国道5号線を北上し八雲町を目指します。

今年の紅葉はあまり綺麗ではないと先日も書きましたが、国道5号線沿いの紅葉もくすんだ感じで写真を撮るほどでもないのでパス。

08101401.jpg

一時間ちょっと走り八雲町へ到着。

0810141.jpg

町内に入る前に国道を左折し八雲町育成牧場あたりの道を走ってみます。

0810142.jpg

この界隈の道はその昔立派な?林道でクマも沢山出たものでしたが、現在はすべて舗装され、牧場もしくは畑となっています。この先にトコタンの森っていう可愛い名前の森があります。お金をかけて整備した割には誰も来ない税金の無駄遣いの森なんです。

0810143.jpg

0810144.jpg

何度かこの森を訪れたことがありますが、近くに家畜達の供養施設があって、そこを通りたくないので通過。まあ、トコタンの森自体は静かで良い所なんですよ。

0810145.jpg

八雲町育成牧場が近づいてくると牛が多くなる。

柵の近くに牛が居たのでバイクを止めて見てみた・・・

0810146.jpg

牛の方が私達を見ている・・・

0810147.jpg

一応、育成牧場展望台へも寄ってみました。

案の定、牧場関係者以外誰もいなかった・・・

0810148.jpg

ここは標高250mほどあるので噴火湾も一望できてなかなか良い場所です。

育成牧場を下り、遊楽部川を目指します。

0810149.jpg

15分ほどで遊楽部川到着。

08101491.jpg

遊楽部川の橋の上から鮭をみて見ましょうか・・・

08101492.jpg

鮭が沢山遡ってる・・・

08101493.jpg

昔はちょっとだけ捕まえたものですが・・・今はしませんよ。

ドライブ中の車も止まって鮭見学をしていました。

お昼も回ったし、お次はスイス料理のお店『アルポン』へ行きましょう。



                             人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 19:14| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

アルポンツーリング2

スイス料理の店『アルポン』は、国道5号線を八雲町から熊石・今金方向へ右折し、少し走ったところにあります。開店は14年ほど前のはずで、シェフはスイス人のご主人がなさっていましたが、11年ほど前に事故で他界され現在は奥様が経営しているはず?です。
“はず“って言うのは、私もこのお店に来るのは7年ぶりぐらいなので、記憶があやふやなんです。

08 10 15 1.jpg

08 10 15 2.jpg

『アルポン』到着。

08 10 15 3.jpg

お店は以前と変わらぬスイス風の佇まいで、純和風の私には残念ながら似合いません。お店に入ると男性のコックさんとお店のオーナーの奥様が出迎えてくれ、店内も前回訪れた時と同じスイスの民謡?などが流れていた。

08 10 15 4.jpg

妻はここへ来るのが目的?なので時間をかけてゆっくり料理を選んでもらいましょう。私はどうでもいいから前回美味しかったスペアリブのランチコースを注文・・・
結局妻も同じ物でしたが・・・

08 10 15 5.jpg

お料理はこんな感じで美味しかったんですけど、前回と同じ味か?と聞かれれば、記憶が殆どないのでわかりません。シェフが変わったので微妙に味も変わっているはずですが・・・美味しかったから良いでしょう。

一時間近く妻と食事を楽しんだ後、大沼公園へ向かいます。

08 10 15 6.jpg

08 10 15 7.jpg

午後3時を回ったころに大沼到着、やはりこの界隈の紅葉もくすんでいた。

08 10 15 8.jpg

去年の紅葉が綺麗だっただけにちょっと残念・・・

08 10 15 9.jpg

湖畔周遊道路をマッタリと走り銚子口到着。

リニューアルオープンした北川商店で揚げイモを食べて一服。

08 10 15 91.jpg

寒くなったのでライダーの数も少なくなっていました。

もうすぐ日が暮れますが、このまま帰るのは勿体無いので城岱スカイライン経由で帰る事にします。パワーが無いTWには登り勾配10%での二人乗りはきつかった・・・

08 10 15 92.jpg

頂上付近ではカウボーイならぬバイクボーイが牛達を管理していた。

08 10 15 93.jpg

車種はヤマハのトリッカーみたい。

日が傾くとドンドン気温が下がり始めます。

08 10 15 94.jpg

さあ、とっとと我が家へ帰りましょう。

                              おわり

                                       別館黒ウサギ外伝へ                              
                                      人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 17:53| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

鬼門(前編)

珍しく当てがないのにTWで出かけた。

気の向くままトラピスチヌ修道院横を通り

0810191.jpg

大根畑を通り過ぎ・・・

亀尾町でシュースを買って・・・

0810192.jpg

いつものワンコに挨拶をして・・・

0810193.jpg

矢別ダムを越して・・・台場山へ行こうかな・・・やめた・・・

紅葉を見ながら川汲を過ぎ、ひろめ荘方向へ左折・・・

0810194.jpg

大船松倉林道でも走って函館へ戻る事にしようかな?

0810195.jpg

なんて思いながら林道入り口手前の橋の上から小さな滝?を見ていた・・・

んっ・・・閃いた!!

4月に行けなかった『吹上石』を見てみる事に決定。

あっ・・・でもプーさん用装備が無いし・・・

まあ、気配がしたら戻ればいいでしょう。


                                       別館黒ウサギ外伝へ                              
                                      人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 18:14| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

鬼門(後編)

吹上石(ぬけいし)へは前回と同様『健康の森』の横の林道から入ります。

08 10 20 1.jpg

前回来た時には砂利道だったのですが、今回はフカフカの砂が敷詰められており、しっかりメンテされていました。

08 10 20 2.jpg

かなりの急傾斜の上りです。こういった砂地はTWの太い後輪が頼もしい。

08 10 20 3.jpg

時速10〜15kmほどでトコトコと上り続けていると・・・

08 10 20 4.jpg

んっ・・・またまた前回同様、動物園の臭いがしてきた。

今日はプーさん用装備を持っていないのでホーンを鳴らしながら前進します。

08 10 20 5.jpg

500mぐらい走ると動物園の臭いが薄れだした。

すると、いきなりホーンが鳴らなくなってしまいました。

4月にここを訪れた時も、それまでは調子良く鳴っていたホーンが鳴らなくなり、我が家に帰りホーンの周りの電装系にテスターをかけたりメガーをかけて絶縁測定したりしました。その結果は異常無しです。

一応部品をすべてばらして掃除、それからの半年間は正常作動していたんです。

何なんだろう???

帰ったらもう一度調べてみるか・・・

頭の中が?マークだらけの中、さらに吹上石を目指して前進。

また動物園の臭いがしはじめてきた・・・

こんどはハンパじゃない臭いです。

バイクを停車させて辺りをうかがってみます。


げっ・・・


私の周りはプーさんの足跡だらけじゃありませんか!

しかも↓画像 小さい足跡と
08 10 20 6.jpg
下は私の靴で上の真ん中に小さいプーさんの足跡

↓特大の足跡
08 10 20 7.jpg

親子に遭ったら母熊が襲ってくる確立大です。


完全にビビッた・・・

今回もここまでで終了。

あたふたと林道入り口まで戻った。



これで3回目です。

ホーンが鳴らなくなった事とプーさんの存在との関係・・・

う〜ん・・・分かりません。

試しにもう一度ホーンを鳴らしてみると、やっぱり鳴りました。
(自宅でもう一度調べた結果も異常なしです)

この場所は私にとって鬼門かもしれません。

たかだか3km先にある岩山を見に行くだけで、これほど苦労するとは思ってもいませんでした。

こりゃ〜冬になったら歩いて行ってみるかな?



                                       別館黒ウサギ外伝へ                              
                                      人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 11:08| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

ちょっと横津岳

天気が良かったので横津岳へ行ってみた。

08 10 21 1.jpg

登山道近くの果樹園ではリンゴが鈴なりになっています。

相変わらず横津岳へ通じる大川沿いの道は気持ちが悪い。

それでもちょっと寄り道して大川を覗いてみましょう。

08 10 21 3.jpg

夏は天然のクーラーで涼しい場所ですが今は少し肌寒い。

マッタリとする気にもなれず、そのままTWで横津岳を上り始めました。

メイトで夜景を撮りに来た時と違い、TWだと少しはパワーがあるので登るのには苦労しません。我が家の乗用車と同じくらいか、ちょっとパワーが落ちるくらいでしょうか。

08 10 21 5.jpg

中腹までは紅葉も見られた。

横津岳スキー場跡へ到着。

08 10 21 6.jpg

誰もいません。

このまま更に上へ上がって行きます。

08 10 21 8.jpg

ここが夜景の絶景ポイントですけど、メイトの時は雲のためもっと下での撮影でした。

08 10 21 7.jpg

今日は湿度が高くて遠望がきかず見通せるのは庄司山まで。

さらに登り続けると・・・

08 10 21 9.jpg

やっぱりここへ辿り着きます。

08 10 21 91.jpg

一応、リフトまで行った。

08 10 21 92.jpg

この左手には、ばんだい号慰霊碑があり、26年ぶりに慰霊碑へ行ってみた。

考えてみると昼間に慰霊碑を見るのは初めてかもしれません。

当時はいつも夜に来ていた訳でして・・・

手を合わせて拝んでから、慰霊碑の裏に書かれた遭難者名簿や解説盤を読みました。

この慰霊碑の写真を撮ろうか迷ったけど、やっぱり止めた。

興味本位でこの場所の写真を撮りたくありませんからね。

慰霊碑には枯れた献花が置いてあります。

近くには石仏が置かれ、そこにも献花されていた。

・・・・・・・・・・

しばらく色んな事を考えた・・・

・・・・・・・・・・・

遭難者のご冥福を祈り、静かにこの場所から立ち去りました。


                                       別館黒ウサギ外伝へ                              
                                      人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 00:01| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

今年最後のTW

運良くお休みが取れて明日から連休に入ります。

大分寒くなってきましたからTWでのツーリングは今シーズン最後でしょう。

天気予報では11月1日土曜日だけが晴れみたい・・・

0810330022.jpg

川へ行こうか?

0810330001.jpg

山へ行こうか?

どっちでも寒いでしょうね。


                                       別館黒ウサギ外伝へ                              
                                      人気blogランキングへ
posted by 黒ウサギ at 17:20| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 林道&ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする