2017年04月04日

つづきのつづき

画像125.jpg
つづいて釜谷富士西側の林道へ入ってみた。

ここは以前HPで紹介してます。

画像126.jpg
今時期は、畑から上がる水蒸気(湯気)が風物詩です。

画像127.jpg
ここまでは良いけど、地味にキツイ道です。

画像128.jpg
まあ、当時はメイトで走りましたけどね。

画像129.jpg
クロスカブでも走ると思ったが、両足パタパタするにも足つき性がメイトに劣るから力が入りづらい。

画像130.jpg
これを見れば分かる人は分かる道でしょう。

画像131.jpg
川の水が赤いから、昔は運河川同様に鉱山でもあったのか?

画像132.jpg
オットト・・・別に水溜まりが怖かったわけじゃありません。

画像133.jpg
エゾアカさんのタマゴだらけだったので急停止したのでした。

この先は、行き止まりだからクロスカブで行ってもしょうがないか・・・

画像134.jpg
歩いて見てみたが、フキノトウが結構大きくなってたので山菜もそれなり。

画像135.jpg
ここまで戻って小休止。

画像136.jpg
さて、蛾眉野林道(海側は廃道)でも見てみますか。

画像137.jpg
今日は、キジを随分見かける日です。(画像は飛び立った後ですけど)

画像138.jpg
クロスカブでも蛾眉野林道くらいなら通られるでしょう。

画像139.jpg
今時期なら・・・

画像140.jpg
と、思ったら倒木一発で終了だった。

画像141.jpg
しかたないね。

画像142.jpg
白石町の奥でも行ってみます。

画像143.jpg
あらら、しばらく来ない間に、これが沢山生えていた。

画像144.jpg
しかしなんだわ。 いまだにクロスカブのライトとハンドルが別なのに違和感があります。

画像145.jpg
ほんの二週間前には、湧いてなかったオフロードバイクのタイヤ痕だらけ。

画像146.jpg
一冬、葉を落とさずにいた柏の葉を見ると、芥川龍之介の『舞踏会』を思い出してしまった。

画像147.jpg
お後がよろしいようで。
posted by 黒ウサギ at 01:00| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

つづき

画像102.jpg
のんびり焚き火を楽しんでると、なにやら甲高い声で「コォーコォー」と声が聞こえてきた。

画像100.jpg
見ると、上空にハクチョウ大編隊が飛んでるじゃありませんか。
おそらく北極圏に帰るところなんでしょうが、こんな大編隊を見たのは数十年ぶりです。
(先日見た小林旭の「渡り鳥シリーズ」思い出してしまったね)


コンデジのモニターじゃ全く分からないし、どこを撮ってるかも分かりません。

画像101.jpg
画像処理してみると、少しだけ写ってました。 この数倍の規模の編隊です。

さて、焚き火の火も消えたので、小安沢の奥に行ってみます。

画像103.jpg
偵察機では、あまり雪がありませんでしたが、多い所では30cm以上も残ってた。

画像105.jpg
ジムニーが奥まで入ってたけど、クロスカブじゃ無理なので諦めましょう。

画像104.jpg
白飛びして分かりませんが、プーさんも起きたようです。ちなみに、いつものキャンプ地から300m程離れた所に小さな沢があって、ここを通り道にしてるのは30年前から一緒みたいです。春は、ここで見かけますからね。

画像106.jpg
除雪した道を引き返します。

画像107.jpg
つづきまして、糸川付近を散策しましょう。

画像108.jpg
ここは、水芭蕉の群落があり・・・毎年書いてるから割愛ね。

画像109.jpg
エゾアカさんのタマゴね。 この界隈でヒメミズカマキリも見た事があるが、今じゃ見られなくなりました。

画像110.jpg
ここの何が良いって、春の花が沢山見られる事なんです。

画像111.jpg
今は、福寿草で、もうすぐキクザキイチゲやニリンソウ、カタクリにヒトリシズカ等々沢山見られますから。

画像112.jpg
奥地まで行くと残雪で無理みたいだから引き返します。

画像113.jpg
つづきまして、一旦海に出て釜谷富士東側の林道に入ってみましょう。

画像114.jpg
二週間前にも偵察に来てたんですが、その時はまだbyケイソウが見られなかったが、今じゃかなり育ってます。

画像115.jpg
福寿草は、そろそろ終わる勢いです。

画像116.jpg
このバイケイソウって植物も食べられないが、山菜の指標として役立つ植物で、このぐらい大きくなってるって事は、キトビロがあれば見られるって事です。

画像117.jpg
え〜っと、山菜採り5組ぐらいに遭ったら帰ろうと思ってたが、もうすでに10組ぐらいに遭ってしまってます。

画像118.jpg
この界隈 やたら目に付く カバの枯れ花

画像119.jpg
ここは、一応ピストンですけど、行こうと思えば蛾眉野林道へも通じる道がある。

画像120.jpg
一応、行ける所まで行ってみます。

画像121.jpg
ここが行き止まりで、先日の偵察時に森の女王様が通せんぼしてましたけど、誰かが殺したみたい。

画像122.jpg
根は生きてたから、いたわしいと言えばいたわしいけど、致し方ありませんかね。

画像123.jpg
クロスカブだとここが終点で、TWだと奥へ行けました。オフロードバイク的に考えると、TWってオフ車としてクソバイクの部類に入るだろうから、オフロードバイクなら普通に奥まで行けるって事でしょう。

画像124.jpg
二本の足で歩けば問題なく行けますけど・・・

この先の事は、以前HPのここで書いてます。

またつづく
posted by 黒ウサギ at 17:03| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

輻射熱

函館市内は殆ど春って感じ。

画像042.jpg
GWに2日間自由な時間を取れそうだから、10年以上ぶりにキャンプツーリングをしようと企んでる。

画像043.jpg
しかし、知らない土地は、よく分からないのでキャンプ場利用でしょう。

画像044.jpg
やっぱり焚き火は欠かせないが、キャンプ場ってのは直火禁止?だから考えた。

画像045.jpg
バイクだと大きな焚き火台は持てないから、簡易な物で地面に熱が伝わらない物はないかと。

で、実験です。

画像046.jpg
アルミのテーブルに100均シリコンマットを敷きます。その両脇に厚さ1cm程の木を置く。
シリコンは、230℃まで耐えられるらしいから、テーブルを下から触って熱くなければOKでしょう。

画像047.jpg
木の上にアルミホイルを敷いて空間を作ります。

画像048.jpg
その上に割り箸を両脇に置いて100均トレーを置く。

画像049.jpg
その上に、またアルミホイルを敷いて、その上に長パット網を置く。

画像050.jpg
そこへ焚き火台(プチかまどS1)を置きます。

画像051.jpg
貧乏臭い焚き付けを置いて点火します。

画像052.jpg
マッチ一本で一発点火(当たり前)

画像053.jpg
30分ほど焚き火をしてみたが、テーブルは冷たいままです。更に輻射熱が出るようにバーナーパットも置いてみます。

画像054.jpg
ついでだからお湯も沸かしてみたりします。

画像058.jpg
とどめに大きな薪を投入して1時間ほど焚き火してみたが、アルミホイルかシリコンマットかは分かりませんが、輻射熱を反射して、テーブルへ熱を伝えなかったようです。

画像055.jpg
当然、ウッドストーブなら全く問題無し。

これでキャンプ場で焚き火も出来るでしょう。

つづきまして、軽く偵察機を飛ばしてみます。

画像038.jpg
川原の雪がかなり無くなってるでしょう。そして除雪路もはっきり分かる。

画像040.jpg
小安沢へ続く林道も雪が少なくなってますが、去年より少し雪融けが遅い感じ。

画像041.jpg
林道が見えてるが、真ん中は雪かきした所。


偵察機の設定限界高度120mまで一気に上がってみました。

つづく
posted by 黒ウサギ at 21:47| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

野山昼食

s.画像019.jpg
ヤキトリが食べたくなったので行ってきた。

s.画像020.jpg
函館ではヤキトリですが、実際は豚とネギですけどね。

s.画像021.jpg
あとは手羽中。

s.画像023.jpg
炭水化物は「月寒あんぱん」でした。

s.画像024.jpg
食後は、鉄山鶴野線の偵察でもしてみましょう。

s.画像025.jpg
生首が一つだけになってました。

s.画像026.jpg
相棒は、どうしたんでしょうかね。

s.画像027.jpg
去年から通行止めバリケードが立ちました。

s.画像028.jpg
つづきまして谷地山牧場方向へ行ってみます。

s.画像029.jpg
山菜情報を書きたいんですけど、書くと一見さんからコメントを貰うから書きません。

s.画像030.jpg
去年の倒木が沢山ある。いい塩梅に乾いたら貰おうかと思ってしまいます。

s.画像031.jpg
フキノトウも結構出てた(フキノトウは山菜じゃないのか?)

s.画像032.jpg
日当たりの良い場所は、かなり暖かかった。

s.画像033.jpg
バッコヤナギ(いわゆるネコヤナギね)も『御萩さん』の毛みたいな芽を出してました。
posted by 黒ウサギ at 19:54| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

知らぬ顔の半兵衛

私が帰宅すると『御萩さん』が出迎えてくれる事もある。

s.画像039.jpg
しかし、知らぬ顔の半兵衛を決めてる事もあります。

s.画像040.jpg
今回は、まさにそれ。

s.画像041.jpg
気が乗った時は来るから、呼ばれたのは分かってるはずです。

s.画像042.jpg
これが犬と違うところでしょう。

s.画像043.jpg
私としては、これでOKです。

s.画像044.jpg
太鼓持ちのサラリーマンみたいな態度をするならネコなんか飼いませんからね。



posted by 黒ウサギ at 16:55| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 御萩さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

春うらら

昨日に引き続き、今日も暖かい日だった。

s.画像017.jpg
雪代が出てる・・・クロスカブの温度計が11℃にもなってるはずです。

s.画像018.jpg
早速いつもの場所へ・・・先週、雪があったのに土が出てます。

s.画像019.jpg
奥はまだだが、雪かきした所は融けていた。

s.画像020.jpg
更に奥は先週と大差ない。

s.画像021.jpg
やっぱり終日プラス温度にならないと北側部分は融けるのが遅いね。

s.画像022.jpg
いつもの場所も雪融けが進んでました。

s.画像024.jpg
先週より増水してるのは雪融け水です。

s.画像025.jpg
雪かきした所は融けてるが、まだ20cmぐらいの積雪があるから、ここの春はもう少し先でしょう。

さて、他の所はどうかな?

s.画像028.jpg
清水山方面へ行ってみた。

s.画像026.jpg
黄色い花が見えてます。

s.画像027.jpg
驚くほどじゃありませんが、福寿草も咲いていた。

s.画像029.jpg
ここの奥地も春が早いはずです。

s.画像030.jpg
杉の木が雪よけになるから雪が少ないのでしょう。

s.画像031.jpg
木のない所は、まだアイスバーンですから。

s.画像032.jpg
あとはこんな感じの雪だから、数日で無くなるはずです。

s.画像033.jpg
そろそろ山菜採り(偵察)オヤジが現れるかと思ったら、三組にも訊かれてしまいました。
posted by 黒ウサギ at 18:36| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

野暮用

今金町まで野望用があったから行ってきた。

通常、積雪期に八雲回りの日進峠は怖いので、ピリカ峠経由です。

しかし、もう大丈夫でしょうって事で日進峠を通って行きました。

s.画像020.jpg
天気が良かったので羊蹄山も見えた。

s.画像021.jpg
駒ヶ岳もきれいです。

s.画像022.jpg
八雲町も雪が少なくなった。

s.画像023.jpg
幼少期の縄張りも雪が少なくなって春近しって感じ。

s.画像024.jpg
ここは、今金町の旧瀬棚線跡地だが、ほとんど雪がありませんでした。

s.画像025.jpg
ここまでロードバイクでも来られるって事です(気温5℃に耐えられるならね)

s.画像026.jpg
1時間程で今金町での野暮用を済ませ、大成経由太田回りで帰りましょう。

s.画像027.jpg
風が強いが天気は良かった。

s.画像028.jpg
ここを通るのは久々です。

s.画像029.jpg
相変わらず太田神社の階段の急さは怖いね。

s.画像030.jpg
親子熊岩も久々でした。

s.画像031.jpg
今日で138年の歴史に幕を閉じる泊川小学校を見て・・・

s.画像032.jpg
函館に着いたら日が暮れてしまい、約8時間の野暮用終了なのでした。
posted by 黒ウサギ at 19:57| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする