2017年11月29日

エアクリーナーエレメント清掃

買って一年たったクロスカブだが、1年点検としてエアクリーナーエレメントを見た。

画像169.jpg
案の定、汚れてませんけど、一応見てみないと安心できませんからね。

画像170.jpg
裏もとってもきれいだった。

湿式のエレメントならスポンジを洗ってオイルを浸みらせて綺麗に出来るが、乾式だとそれが出来ない。

画像171.jpg
気休めですが、刷毛でホコリを払いながら掃除機で吸って終了です。

画像172.jpg
クリーナーボックス内下部にブローバイガスのオイルがにじんでたのが発見でしょうか。



posted by 黒ウサギ at 19:35| 北海道 ☔| Comment(4) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

更新中

ブログやHPを更新すれば、長い時には3時間とかかかる。

画像168.jpg
まっ、ブログは手抜きするから数分から、せいぜい30分程度ですけどね。

s.画像172.jpg
その間も『御萩さん』は、遊んで攻撃です。

s.画像171.jpg
残念ながら、声はかけども遊びはしません。

s.画像168.jpg
そうなると、かまってくれるまでずっと待ちます。

s.画像169.jpg
こうなると、ネコは一匹でも遊べるって誰が言ったんだと思います。

s.画像170.jpg
ブログの更新が終わって「おいで」と言うと、気が向けば来ます(そこがネコ)

s.画像173.jpg
HPみたいに1時間以上かかる時は寝てます。

s.画像174.jpg
ただただ寝ます。

s.画像175.jpg
早く書き終わっても寝たままです。

s.画像176.jpg
もちろん起こすのも悪いから寝かせておきます。
posted by 黒ウサギ at 19:52| 北海道 ☔| Comment(2) | 御萩さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

雪道散歩

函館も雪が積もりました。

というわけで、ちょっと散歩に出てみます(雪が降らなくても出かけますけど)

s.画像166.jpg
いつもの場所だが、湿り雪で車が通ると地面が見える感じ。

s.画像167.jpg
とりあえず白くなりました。

s.画像169.jpg
この調子なら来週あたり来られそうです。

s.画像170.jpg
そのまま鉄山鶴野線を通ってみます。

s.画像174.jpg
シカがやたら多かったし、オシッコで黄ばんだ所も多々あります。

s.画像175.jpg
気温が0℃程度だから雪道としては“暖かい”部類ね。

s.画像178.jpg
すこぶる気持ちいい。

s.画像179.jpg
冬は洞窟もコンニチハします。

s.画像180.jpg
雪のおかげで動物が通ると証拠が残るのがイイね。

s.画像181.jpg
もちろん私が通った証拠も残ります。

s.画像182.jpg
さて、大船松倉林道を目指したが、濡れ雪が30cmぐらい積もってて走れたもんじゃありません。

s.画像185.jpg
旧フラワーパークを過ぎた辺りで止めた。

s.画像186.jpg
このあたりがカブの限界ね。ちなみにクロスカブは、サイドスタンドを出さずに停まってます

posted by 黒ウサギ at 18:06| 北海道 ☔| Comment(4) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

カムチェーンテンショナー交換

以前も書いたが、気温が低いとクロスカブの始動時にエンジンのカムチェーン辺りからカシャカシャ音がする。

s.画像173.jpg
これ、故障ではなく許容範囲の異音らしいが、安い経費で直るらしいので、カムチェーンテンショナーの部品をすべて買ってみた。

s.画像189.jpg
8、7、6、16の部品がそれです。

s.画像174.jpg
一番怪しいのがプッシュロッドヘッドね。

s.画像175.jpg
このシャフトがアームを押し上げて、カムチェーンのたるみを取るしくみです。

s.画像176.jpg
シャフトの上にゴム製のプッシュロッドヘッドを付けます。

s.画像177.jpg
シャフトの下にはワンウェイバルブが付いていました。これがオイルを下に落して逆流させず、シャフト下部にあるスプリングと相まって油圧の力でシャフトを押し上げ続ける構造みたい。

s.画像186.jpg
@のボルトを外せばテンショナーが出てくるけど、マニュアルだと14mmボルトだが8mmの六角だった。Aは、シャフトを交換した時のテンショナー部への注油口(4cc)。

それはいいけどね。

外してみましたよ。

s.画像180.jpg
右が新品で、左の古いプッシュロッドヘッドが少し減ってます。

s.画像181.jpg
う〜ん・・・全然高さが違うけど、これは部品が違うんじゃないべか? でも部品番号は間違いないから、後からこういう物に変えたのか?これだと高さがある分、より押し上げてカムチェーンを張れると思われます。

s.画像190.jpg
スプリングは規定範囲だから交換しません。

s.画像183.jpg
驚いたのはこのシャフトです。右が新品ですけど、左の古い方はいい加減に穴を開けてるように見えます。でもね、ここからオイルが入って、下のワンウェイバルブへ行くんだから、斜めにカットされた穴の方がオイルの通りは良いかも知れません。

s.画像184.jpg
シャフトは新しい物にします。

s.画像192.jpg

s.画像187.jpg
交換は簡単だったが、Aへ4ccのオイルをどうやって入れようかと思ったのが一番考えた事でした。

s.画像188.jpg

さて、結果です。

カシャカシャ音は静かになりました。

けどね、これが自分のバイクじゃなく、人のバイクならあまり気にならないと思います。

なにせ故障じゃなく、多かれ少なかれ元々こういう音がするらしいのですから。
posted by 黒ウサギ at 22:40| 北海道 ☔| Comment(2) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

クロスカブ購入1年

 早いものでクロスカブを買って一年が経ちました。現在の走行距離は6400km強で、メイトの時だと年に1万キロ以上走っていたから走行距離は少なめだが、4月までメイトも乗っていたのでこんなものでしょう。

s.画像170.jpg

それで一年クロスカブを乗っての印象ですけどね。やっぱり納車時の印象とほぼ同じ感じです。これはカブ型バイクの手軽さが少なく、どちらかと言えばバイクという感じだったので、良い意味でも悪い意味でも裏切られました。

s.画像171.jpg

良い意味では、大柄なポジションが幸いして、長距離を走っても疲れづらい事が一番の印象で、走らせる事が(トコトコね)かなり楽しかった。悪い意味では、今度は大柄なポジションが災いして、カブ型バイクの小回りや切り替えし等の自転車感覚で乗れる感じが無くなった事でしょう。

s.画像172.jpg

なにせメイトで18年、その前に乗っていたカブ90や70みたいな下駄代わりじゃなくなったのが、残念だった事です。

s.画像173.jpg

とはいえ、もっと残念なのが、やっぱりホンダ製とはいえ、中華組み立てのいい加減さが目に見える事です。メイトはバイク屋さんで安く手に入ったから買ったわけで、本当はカブに乗りたかったんです。それで、念願のクロスカブがこれなんだから、ガッカリしたのは今までもブログで書いてましたね。

s.画像174.jpg

もし、メイト(タウンメイト)が新車で売られていたとして、誰かが買おうとしたら、間違いなく私はメイトを勧めるでしょう。シャフトドライブだし、腰上オーバーホールを2回したけど、メーターを一回りして、まだ現役で走ってます。信頼性は間違いないし、メンテナンスもかなり楽だし、カブ以上に粗悪部品かと思われる箇所もあるが、走行に支障を来たす部分じゃないので許容出来る良く出来たバイクですから。

s.画像175.jpg

で、クロスカブを欲しいという人がいたらどうでしょう?残念ながら、私はお勧め出来ません。なにせ自分で整備しようとしたら、レッグシールドすら外せない馬鹿トルクで締めてるバイクですよ。どうしたってお勧めなんか出来ないでしょう。人種差別なんかしたくありませんが、やっぱり中華製という事が障害以外の何ものでもないです。まあ、クロスカブに乗るだけで、あとはすべてバイク屋さん任せってのならお勧めしますけどね。

s.画像176.jpg

なんて酷評するクロスカブですが、インジェクションというブラックボックスのおかげで、最高燃費72km/lだし、林道のみでも40km/lを絶対割らない恐ろしいほどの燃費は評価出来るし、トコトコ走る事が滅茶苦茶楽しいバイクです。TWで舗装路を走る行為は、林道をつなぐラリーのリエゾンみたいな感覚しかありませんが、クロスカブでは舗装路でも何だか理屈抜きに楽しいんです。最近、林道記事が少なくなってるのも、そのためですしね。

s.画像177.jpg

国産カブも発売された事だし、メイトの時みたいにクロスカブのオーバーホールは致しません。乗り潰すつもりで、走るのが楽しいクロスカブをしばらく乗るつもりなのでした。

posted by 黒ウサギ at 18:25| 北海道 ☔| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

17冬・タイヤ交換

クロスカブで2回目の冬が来た。

画像184.jpg
当然、今年もスパイクタイヤに換装させます。

画像185.jpg
去年は、メイトと両方でしたが、今回は一台だから楽といえば楽です。

画像186.jpg
とはいえ、メイトみたいにシャフトドライブじゃないカブなので、チェーンケースを外す等の手間がありますけどね。

画像188.jpg
タイヤ交換自体はメイトより少し手間がかかるけど、所要時間は1時間もかかりません。

画像187.jpg
メイトの時は、アイシング対策でレッグシールドの開口部を塞いだが、クロスカブはFIなので、その必要なし。でもね、冬はクロスカブの持病である、始動時のカムチェーンテンショナー(カムチェーン)からのカチカチカタカタ音がかなり気になります。これがリコールにならず異常ないってホンダさんが言ってるんだから驚きます。

とりあえず、今冬も無事故で走りましょう。

雪道は 辛く厳しく 侮れず されど走れば 欣喜雀躍
posted by 黒ウサギ at 19:10| 北海道 ☔| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

焚き火缶3

画像170.jpg
焚き火缶2で、焚き火缶の完成形が見えなかったので、また来ました。

画像171.jpg
朝の気温は3℃ですから、ガリッとまかなって来ないと妖怪ブルブルに憑りつかれます。

画像172.jpg
木々もすっかり葉を落とした。

画像173.jpg
今回は、ペール缶にフタをして煙突を付けてみます。

画像174.jpg
こうすれば燃焼効率も上がるだろうし、煙突から出る煙も少ないはずです。

画像175.jpg
ペール缶のフタに丁度良い物が無かったので、お菓子の缶をカシメてつないで作りました。

画像176.jpg
昨日は、またまた雨だったからペール缶の前に薪乾燥台も設置してみた。

画像177.jpg
薪が湿っててよく燃えず、イマイチです。

画像178.jpg
仕方ないから煙突とフタと撤去して、前回同様の燃焼をさせてみたが、これも薪が湿気っておりイマイチ。

画像179.jpg
ご覧の通り、水分がジュージュー出てます。

画像180.jpg
条件が同じだから火起こし器でもやってみます。

画像181.jpg
同じように火が点きづらいが・・・

画像182.jpg
煙突効果で空気(酸素)の通りが良く、すぐに燃焼を始めました。

画像183.jpg
熱量は少ないけど、折りたためるし燃費も良いから、今季冬キャンプで採用かな?
posted by 黒ウサギ at 19:59| 北海道 ☔| Comment(4) | 野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする